生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 手帳を一年間の相棒にするための選び方

手帳を一年間の相棒にするための選び方

2011年01月21日作成

 views

「もしも限界があるとするならば、それは諦めた瞬間でしょう」ドラマ『相棒』に登場する杉下右京はこう言った。その通り。妥協ダメ!ゼッタイ!あきらめたらそこで試合終了ですよ!

たかが手帳、と思うなかれ。あなたが「これでいっか」と安易に手に取ったソレは今年1年色々なシーンで大活躍の、大事な『相棒』となりうるのです。

スケジュール管理をしてくれる秘書であり、その日の出来事をこっそり受け止めてくれる恋人でもあり、またある時には、合コンでGETしたあのコのメアドも酒で心もとないあなたの記憶力に代わって残してくれる大親友。

さあ、息ぴったりの相棒探しに出かけましょう。

目次

大きさを選ぼう

判断基準は「手帳をどのように持ち歩くか」です

胸ポケット?かばん?内勤や主婦など主に机の上でだけ使う方も居るでしょう。基本的に大きければ大きいほど書き込める情報量は増えますし、情報の整理や検索もしやすいのです。しかしかさばるからと持ち歩かなくなっては元も子もありません。

自分が手帳に書き込みたいシーンは「いつ」「どこ」になるかを想像して、大きさを決めましょう。

「とりあえずメモや携帯に、あとで帰ってから整理しよう」も結構危険。情報があっちへ行ったりこっちへ行ったり「あれ?確かに書いたはずなんだけど・・・・あっちのほうに書いたんだっけ」なんてなりかねません。

スケジュール欄をチェックしよう

判断基準は「あなたの、1日に入る予定の量」です

1日に入って1・2件なのか、ビジネスマンなど分刻みで動くのか。1日に書き込める情報量が多い順に見開きで1日や2日(デイリー)>1週間>2週間>1ヶ月(マンスリー)単位となります。

同じデイリーでも、24時間がタイムスケジュール区切りされているものもあれば、日記のように余白ページのみの物もあります。見開き1週間タイプには、左が1週間カレンダーで右が余白の「レフトタイプ」。左に4日で右に3日の「セパレートタイプ」。見開きで1ページとして垂直に予定を書き込む「バーティカルタイプ」など。

1日に「何件くらいの予定を」「どのくらい詳細に」書き込みたいのかを考えて選ぶといいでしょう。

欲しいオプションにこだわる

判断基準は「去年の手帳で不満を感じたこと」です

「アドレスは別冊になってるもの」「主要都市のメトロマップ」「メモ欄はたくさん欲しい」「何は無くともペンホルダー。無いとペンしょっちゅうなくすんだよね」etc...

一昨年の手帳にあって去年の手帳に無かったことで、顕著に不便を感じた付加機能ってありませんか?手帳を使った人ならきっとある「いなくなってはじめて君の大切さに気が付いたんだ」感、コレです。

おわりに

多種多様にある中で、相棒と呼ぶべき手帳を一発で見つけるのは困難かもしれません。一つおすすめしたいのは、どんどんいろんなタイプを使ってみてください、ということ。今回新たに「いいかも」と思えたものや、人の持ってる物をみて「あれ欲しい」。

はい、どうぞ浮気してみてください。そして使ってどうもしっくりこなければ、また来年元サヤにおさまればいい、それだけなんです。合わないことが分かるだけでも、消去法で自分に向いた手帳は絞られていきます。

難なく使えているからと同じ物ばかりでは、本当はもっとドンピシャな手帳があったとしても一生めぐり逢えません。年々進化している手帳、是非去年とは違うタイプの物もチャレンジしてみてくださいね。

本記事は、2011年01月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る