生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 医療保険を選ぶポイント

医療保険を選ぶポイント

2011年01月21日作成

 views

そろそろ保険に入った方がいいかなと考えた時、たくさんある中で何を選んだらいいのか迷いますね。保険のことがよくわからないのに比較するにもどこを見たらいいのかさっぱりですね。

これから入ろうとする人、あるいは見直そうと思う人に医療保険を例に選ぶポイントを紹介します。

目次

ポイント1: 医療保険とは?

医療保険はケガや病気に備えるもので入院給付金、手術給付金、通院給付金に現在では先進医療特約がついているものが基本となっています。

加えてガンや三大疾病治療のための一時金がつけられたものもあります。

入院の日額や特約の付加によって年齢により保険料の計算がなされます。保険料の払込期間によって終身払いや一定年齢までの短期払いに区別されます。

ポイント2: 自分にどんなものが必要か?

様々な保険商品があるので、自分に今必要なものはどういったものかを考えましょう。保険も時代のニーズで変わっていくのでライフスタイルに合わせて見直していくことを念頭におくことが大事です。

基本となるのは日額いくらくらい欲しいか、ガンや三大疾病の一時金は必要か、保険料はいくらくらいなら払えるかなど。予めおおまかに決めておくと商品を選びやすいですね。

ポイント3: 同じ条件で比較する

自分の必要な保険や期間をおおまかに決めたら各社の商品を比較してみましょう。ネットで資料請求をしたり、比較サイトを見たり、無料で相談できるところもあるのでまずは資料集めから。

保険市場資料請求

比較サイト

nifty保険アドバイザー

ポイント4: 設計書の内容を検討する

おススメの商品の設計書の内容を確認して、自分に合っているかどうかをみます。設計書では基本の給付金に対する月々の保険料の内訳が細かく書いてあるので保険料を見ながら必要のないものをはずすことも検討しましょう。

給付金額を変更することもできるので、担当者に相談することをおすすめします。

入院日額は5千円、1万円が基本になっていますが7千円にするとか、入院よりも一時金でもらった方がいいという場合はそちらの比重を大きくしたり変更可能な場合もあります。

ネット専用の保険などは保険料も安くて簡単に入れるのですが、理解不足によっていざとなった時に保険対象外だったということのないように注意しましょう。

ポイント5: 入りっぱなしではダメ!

入ったらもうそれで安心してずっとそのままという人が意外に多いのですが、自分の保険はどういう内容か、期間はいつまでかなどしっかり把握しておきましょう。

生活スタイルや健康状態などによって必要なものも変わってきますから何年か毎に見直しすることが必要ですね。

おわりに

保険は複雑で多種多様にありますから、その中でのニーズも1人1人違います。長期間払う保険料を考えても高額な商品と言えます。

しっかり検討して無駄のないように備えたいものですね。

本記事は、2011年01月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る