生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 訪問時のマナー(お手洗いでのマナー編)

訪問時のマナー(お手洗いでのマナー編)

2010年03月18日作成

 views

デパートや、友人の家、様々な場面で、あなたは、このようにトイレットペーパーを三角折りにしているのを見たことがあるでしょう。

ここでは、意外と知らないお手洗いでのマナーを紹介します。

目次

三角折りはむしろマナー違反?!

個室に入って、トイレットペーパーが三角折りにされていると、
- 整っている
- 取り出しやすい
など、なんとなく良い印象を持ちませんか?

それで、自分も用をたした後、「後の人が気持ちがいいように」三角折りにしてみたり。
実は私も最近までやっていました。
しかしこれが間違ったマナーだったのです。

三角折りがされるようになったのは、元々、とあるホテルで、「清掃済み」だと他の従業員に伝えるためのサインだったそうです。

つまり、友人・知人宅を訪問した際、三角折りをしてまうと、
「お宅のトイレ、汚れていたので掃除しておきましたよ」
というような意味合いになり、失礼にあたるということです。

デパートなど公共のトイレでは

また、デパートなどの外出先でこれをすると、従業員は「ここは掃除してある」と勘違いしてしまい、清掃をしない可能性もあるのです。

その上、紙を三角に折るのは、個室から出る前に行うのですから、
手を洗わないで次の人が使う紙に触れることになります。
非常に不衛生ですので、そのままにしておいた方が良いでしょう。

今まで三角折りをマナーと捉えていた方は、

  • きちんとミシン目で切る

これを心がけましょう。
それだけで、後に入る人は気持ちが良いはずです。

おわりに

自分の思いやりが、知らず知らずのうちにマナー違反にならないように気をつけたいものですね。

関連ライフレシピ

  • [nanapi:378]
  • [nanapi:370]
  • [nanapi:377]
  • [nanapi:1302]
  • [nanapi:1303]
  • [nanapi:1304]
  • [nanapi:1305]
  • [nanapi:1306]
  • [nanapi:1307]

本記事は、2010年03月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る