生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動をしている際に、友人との接し方

就職活動をしている際に、友人との接し方

2012年11月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

大抵の学生さんは、就職活動をしていると思います。内定を数個かっさらって、有頂天になっている学生さんもいれば、全く面接に進めなくて落ち込んでしまう学生さんもいると思います。

そして、就職活動生は自分の友達でもあります。今回は、そんな就職活動をしている際に、友人との接し方をご紹介させていただきたいと思います。ぜひ、ご参考にしていただきたいと思います。

ポイントその1 友達の就職活動への考えを聞く

就職活動の際に、自分なりの就職活動への臨み方があると思います。が、なかなか内定がもらえなかった時などに、友達の話しを聞くといいでしょう。

例えば、「面接とか、いつも本当のことを答えている?」「いつも面接官に対してどんなことを気を使ってる?」など、ちょっとしたことから、友人の面接などでの様子を聞けるといいでしょう。

自分とは、違う人だからこそ違う切り口があるのです。時には、「そんなやり方があったんだ。」と、目から鱗の話しも聞けるかもしれませんね。

ポイントその2 自分が内定をとったからってはしゃぎすぎない

内定をもらえるペースは、人それぞれです。もし、自分に内定がもらえたのならば、ものすごくテンションがあがって、ついつい調子にのってしまうかもしれまん。が、内定をもらえていない友人のことも考えてあげましょう。

内定をもらえていない友人も、友人のために祝福をしてくれることでしょう。とはいえ、「自分だけが内定をもらえないのでは?」と、いう不安に駆られることもあるはずです。

それなのに、友人のことを考えず、「やっと遊べるー!」「早く卒業旅行行きたいー!」とか、遊びの計画をしだすことだけは、やめてあげましょう。

おわりに

皆が皆、内定をもらった時点で、ようやく就職活動の緊張から100%解放されることでしょう。自分が内定をもらえていないのに、舞い上がっている友人をみることは辛いことでしょう。

だからこそ、内定をもらえなかった友人に対しての心遣いもみせましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110120172545

本記事は、2012年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る