生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 馴染みの店を作るために気を付けたいポイント

馴染みの店を作るために気を付けたいポイント

2011年01月20日作成

 views

お気に入り

はじめに

ちょっと雰囲気の良いお店を見つけると「このお店の常連になれたらいいなぁ」と思うことでしょう。そこでこの記事では、1回目に行く時からぜひ気を付けておきたいポイントをご紹介します。

馴染みの店を作るためのコツ

店の雰囲気に合った服装で行く

自分も同伴者も店の雰囲気に合った服装で行くことがまず大切なポイントです。あまりに場違いな、また不釣り合いな格好で行くと違った意味で注目を集めてしまうでしょう。

店内の雰囲気や料理の種類、価格などを前もって調べておけば大きな失敗をしないで済みます。自分だけではなく一緒に行く人にもドレスコードの目安を必ず伝えておきましょう。

大したことではないと思うかもしれませんが、TPOに合った服装ができるかどうかによって店側の対応が変わってくる場合もありますので気を付けましょう。

同じ料理を毎回頼んでみる

初めて行ってから2~3回目ぐらいまでは、毎回同じ料理を一品頼んでみることができます。そうすると「この料理を気に入ってくれたのかな」とスタッフやマスターが気付いてくれるかもしれません。

そしてスタッフやマスターと話すチャンスができた時に、「このお店の○○は最高ですね。もう他のお店では食べられません」と笑顔で言うと、とても喜んでくれてあなたの顔や名前を覚えてくれるでしょう。

おすすめを聞く

初めのうちは予算に合わせて、料理があらかじめほとんど決められているプリフィックスコースを注文するのが無難ですが、何回か訪ねてスタッフやマスターと顔見知りになったら、「今日のおすすめ」を聞いてみましょう。

ただ高いものを注文すればよいというわけではありませんが、やはりマスターが自信を持って「今日はぜひこれを食べてもらいたい」と思っているものをおすすめにしているので、ぜひ聞いてみてください。

そのうちにマスターのほうからあなたの好みを覚えて「今日は○○のいいものが入っていますがいかがですか?」などと聞いてくれるようになるでしょう。そうすれば常連へ一歩近づいたことの証拠です。

おわりに

お店側の人間からしても、「いちげんさん」よりも何度も足を運んでくれる常連を大切にしたいと自然に思うはずです。そうなれるまで繰り返し足を運んで、少しずつ馴染みの店にできるように心がけてください。

本記事は、2011年01月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る