生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 2人目の出産祝いを選ぶコツ

2人目の出産祝いを選ぶコツ

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

2人目以降の出産祝いのプレゼントを贈る機会はそう多くありませんが、時には贈らなければならないシーンもあります。2人目、3人目ともなると一通りの育児用品は揃っているだろうし……と、贈り物選びもなかなか難しいもの。

そこでこんな贈り物はいかがでしょうか。

オススメの出産祝い

実は赤ちゃんが生まれるにあったって一番我慢しているのは、お兄ちゃん・お姉ちゃんです。

生まれるまではお腹の大きいお母さんにあまり甘えられることができず、出産の際にはお母さんが入院してしまって家でお留守番。そして生まれてからはもちろんお母さんは赤ちゃんのお世話で忙しくて、なかなか構ってもらえません。

その上、出産で赤ちゃんばかりがちやほやされていたら、お兄ちゃん・お姉ちゃんは堪りませんよね。

ですから、お兄ちゃん・お姉ちゃんも共有できるようなプレゼントはとても喜ばれます。

お兄ちゃん・お姉ちゃんとおそろいの洋服

お兄ちゃん・お姉ちゃんのサイズ(あるいは年齢)がわかっているようでしたら、おそろいの服はいかがでしょうか。

最近はベビー服と子供服で同じデザインのものも増えていますし、GAPなどでは小さなサイズも豊富なのでおそろいのTシャツ等が比較的安価で揃えられます。普段着として使いやすいので、高級ブランドでなくても喜ばれますよ。

お兄ちゃん・お姉ちゃんが遊べるようなおもちゃ、絵本

もし1,2歳差くらいでしたら、お兄ちゃん・お姉ちゃんの年齢に合わせたおもちゃ、絵本も喜ばれます。

もともと出産祝いは生まれたばかりではなく少し先を見越してお祝いの品を選ぶことが多いので、1,2歳向けのものでしたら問題ありません。「お兄ちゃん(お姉ちゃん)と一緒に遊んでね」とコメントを付け加えてあげるといいでしょう。

もちろんオムツなどの消耗品や現金もありがたいものです。ただし消耗品に関しては、合う、合わないもありますので、事前の確認が必要です。そういったお祝いを贈る場合でも、何か上のお子さん向けに小さな品を付け加えてあげるのもいいかもしれませんね。

最後に

お祝いは形式的なものではありますが、こういった思いやりの気持ちがこもったプレゼントは、受け取った側は本当に嬉しいもの。「出産祝いに何をあげたら・・・」と悩む気持ちもあると思いますが、心をこめて選べば、きっと喜んでもらえることでしょう。

(Photo:Kisses by Ashley Coombs )

この記事で使われている画像一覧

  • 20110120143329

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る