生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 訪問先でのマナー(玄関編)

訪問先でのマナー(玄関編)

2013年06月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

ここでは、一般的な訪問先でのマナーについてご紹介します。

訪問先が和室だった場合です。

訪問マナー

少し遅刻して行きましょう

ビジネスの場合は時間厳守が原則でうが、一般家庭への訪問は、3~5分遅れて到着するのがマナーです。

身なりをチェック

訪問先に着いたら、チャイムを鳴らす前に、手鏡などで見て身なりを整えましょう。

  • 髪は整っているか
  • メイクは崩れていないか
  • 鼻の頭や額に汗など浮かんでいないか
  • 衣服の乱れはないか
  • ネクタイは曲がっていないか
  • 靴は汚れていないか
  • 雨天の場合は、泥はねなどないか

コート類は玄関外で脱ぐ

コートやマフラー、手袋などはチャイムを押す前に取り外します。コートは中表にしてたたむのがマナーですが、これはコートの表側についたホコリなどを家の中に持ち込まないための気配りです。

雨天のときは、濡れた傘は玄関内に持ち込まず外に立てかけておきます。

手土産は玄関で渡さない

お菓子などの手土産は、家にあがる場合は玄関では渡さず、部屋に通されて、正式にあいさつをしてから渡すようにします。ただし水気のあるものや冷蔵・冷凍品はその旨を伝えて、玄関で渡しましょう。

正しい玄関の上がり方

STEP1

前向きの状態で、靴を脱ぎます。踏み石がある場合あ、踏み石に乗ってから、靴を脱ぎましょう。

STEP2

相手に背を向けないよう、斜めに向いてひざをつき、靴の向きをなおしましょう。靴は玄関の中央でなく片隅に寄せます。踏み石がある場合は、脱いだ靴は下におろして、端に寄せます。

関連ライフレシピ

本記事は、2013年06月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る