生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ズボラな人でも出来る、超簡単モバイル家計簿のつけ方

ズボラな人でも出来る、超簡単モバイル家計簿のつけ方

2011年01月20日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

「お金の管理をしなくては・・・」と思いつつ、なかなか続かないのが家計簿です。毎日使った分のレシートや記録を取っておき、几帳面に書き綴るのは、まさに事務仕事と同じで面倒ですよね。

最初は続いても、そのうち、書くのに飽きてレシートばかりが財布の中に・・・と言う方は多いはずです。

そこで、今回は、そんなズボラな方でも簡単に長続きする「モバイル家計簿」をご紹介します。使うのは、au携帯のアプリ「モバイル家計簿」です。

なぜモバイル家計簿だと長続きするのか

まず、なぜモバイル家計簿だと長続きするのかを理由を紹介します。

その場ですぐ入力できる

PCで家計簿を付けている方も多いと思うのですが、レシートを持ち帰ってわざわざ入力すると言う点ではノートの家計簿と変わらないですよね。

ズボラな人だと、いずれはパソコンを立ち上げることさえ億劫になって続かなくなってしまいます。

その点、携帯だったら買い物をしてすぐに入力する事ができます。出先で簡単に入力できるので習慣にしてしまえば大して苦にならずに家計簿を続ける事ができるのです。

レシートが無い物もその場で入力

家計簿をつけるのがイヤになる原因の1つに「収支決算が合わないから」と言うことがあると思います。

「月末に計算してみると、残っている金額と帳面の金額が合わない。だったら付けても無駄だからもういいや。」と、なりがちです。これは、自動販売機などの、レシートがでないところで買ったものが原因になります。

その点、モバイル家計簿だったら「会社・ジュース・120円」などと、買ったらすぐにその場で入力すれば良いので記入漏れが少なくなります。

携帯と言う手軽さ

携帯を片手で開いてアプリを立ち上げ入力するだけ、と言う手軽さがズボラな人にもゲーム感覚で続けやすいのです。

ノートを開いてレシートと電卓と格闘したり、レシートを整理しながらパソコンに打ち込んだり、そういう手間がかかりません。

モバイル家計簿の入力の仕方

収入を登録します

「家計データの登録」ボタンから支出・収入の入力を選択します。収入画面では「給与所得」「その他の所得」などの項目が選択できます。

毎日の支出を登録する

支出画面は「食費」「被服」「教育」など13個の項目が選択できます。「食費」を選択してみましょう。「お米」「パン」「肉」などの品名を選ぶことができます。

「項目」「品名」を選択したら、「店名」を入力します。これを入力しておくと、どこでどれだけ買い物をしているかがひと目で解ります。

「品名」と「店名」は入力できる

「品名」「店名」は自分で好きなように入力できます。よく行く店の名前、よく買う物の名前は登録しておくと自分がそれにどれ位使っているか後で解ります。

支出金額を入力する

「項目」「品名」「店名」を選択したら、使った金額を入力します。これを繰り返すだけです。

「品名」をいちいち入力するのが面倒だったら、「食費その他」で店名別に登録してしまうのも良いでしょう。何でも簡単な方が長続きしますから。

モバイル家計簿のデータ閲覧の仕方

この家計簿の凄いところは、使ったデータがグラフ式で出てくるところです。「家計データの閲覧」ボタンを押してみましょう。

これは「項目別」のデータです。どのような物が支出の割合を占めているかひと目で解ります。

「集計別資料」のグラフです。月ごとのデータが折れ線グラフで出てきます。何月に支出が多かったかが解ります。

他に「日別家計資料」「月別終始集計」を見る事が出来ます。

おわりに

入力したらレシートはすぐに捨ててしまえば良いので財布の中もかさ張らなくなりますね。シンプルで難しい事が何もありません。

飽きっぽい方も続きやすい携帯アプリ。あなたもぜひダウンロードして試してみませんか。

本記事は、2011年01月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る