生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動の面接で聞かれる質問二つと答え方

就職活動の面接で聞かれる質問二つと答え方

2011年01月19日作成

 views

面接にはよく聞かれる質問がいくつかあります。面接でよく出てくる質問集についてはこちらに書いてあります。
[nanapi:17461]

その中でも、今回はよく聞かれる自己PRと圧迫面接の例を一つあげます。

自己PRをしてください

この答え方は、ほとんどの会社で聞かれることです。説明は、「能力+実際の例+もう一度まとめる」、この流れでいきましょう。

例えば、
- 責任感がある
- 大学のゼミのゼミ長として、みんなをまとめた
- 友達からも責任感を持って、みんなをまとめる力があると言われている
- 御社でも、責任感を持って仕事に取り組み、周りの人と協力してプロジェクトを成功させたい
このように、流れがあると、聞くほうも聞きやすいと思います。

自己PRのキーワードの例としてよくあげられるのは、

責任感、協調性、リーダーシップ、行動力、向上心がある、我慢強い、自己管理ができる、体力がある

これらです。自分の性格や希望の職種などによって、これらでもいいですし、これ以外のものでもいいので、キーワードを見つけると流れを考えやすいです。

たまに出てくる質問

大企業ではありませんが、中堅企業や、同じ業種の中で、他に大きい会社があり、二、三番手になってしまっている会社で聞かれる質問にこんな質問があります。圧迫面接と言われるものの一つです。

私どもの会社以外に志望している会社がありますか。

この答えは、本来一つしかないと思いますが、「第一志望です」と自信を持って答えましょう。同じ業種で2、3番手である場合は特に聞かれる可能性が高いので、第一志望にしている理由を説明できるようにしましょう。

不器用で、動揺してしまいそうだと言う人は、「第一志望の一つです。他に、一社、魅力を感じている会社がありますが、御社の○○には、特に興味があり、本日、ここに来ることができ、その気持ちは強まりました」のような答えは上手い逃げです。

おわりに

この二つは準備していて損はないと思います。「他に志望している会社がありますか」は、志望動機を考えるついででもかまわないので、準備しておくといいでしょう。

本記事は、2011年01月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る