生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. さあ明日から一緒に暮らそう!婚姻届を出す前の準備

さあ明日から一緒に暮らそう!婚姻届を出す前の準備

2016年07月29日更新

 views

お気に入り

「今日、結婚しました」と宣言したからといって、夫婦になることはできません。もちろん、結婚したということにもなりません。

結婚のための準備について、ここで紹介していきましょう。

結婚直前準備(婚姻届編)

これから結婚するという二人は、もちろん今までに(再婚でない場合は)婚姻届を書いたことはあるはずがありません。しかし、その書類を出さなければ、夫婦にはなれませんし、結婚したとも言えません。

婚姻届はたくさんもらおう

初めて見る書類を、いきなり間違わずに書ける人は、なかなかいないものです。親に聞いても、すでに過去の話ですから覚えていないでしょう。

ですから、間違ってもいいように、たくさんもらってくるようにしましょう。もちろん提出するのは1枚ですが、訂正印だらけの婚姻届は嫌ですよね。

保証人が必要です

婚姻届の右側には、今回の結婚を認めるための保証人を書く欄があります。普通は、両家のお父さんやお母さんですが、必ずというものではありません。

友人でも、命の恩人でも、二人を紹介した人でもいいのです。二人がこの人にと思う人に書いてもらえるようお願いしましょう。

住む場所も決めておきましょう

婚姻届には、住民登録している住所や、これから住む場所などを書く必要があります。ですから、どこに住むのかを決める必要があります。

もちろん、決まっていない場合はとりあえずでも構いませんが、その後に再度手続きを行う必要が出てきますので、できればこの時点で決めておくことをお勧めします。

婚姻届を出しましょう

婚姻届は、24時間提出できます(地域によってはできな場合もあり)。ですから、0時に提出することも可能です。

時間の制限がないので、できることなら二人一緒に提出しに行くようにしましょう。何時でもOKということなら、二人の都合が合わないということもないはずです。提出が受理された時点から二人は夫婦となり、互いの責任が変わるのです。

おわりに

婚姻届を提出した時点からの、同じ籍に入り、これから一緒に生活を共にすることになります。

しかし、役所の対応はあくまでも事務的な対応のみですので、その点についてはあまり深く考えないようにしてくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110119113546

本記事は、2016年07月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る