生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 職場の部下に喜ばれるチョットしたプレゼント

職場の部下に喜ばれるチョットしたプレゼント

2011年01月19日作成

 views

はじめに

部下を持つ立場になると、いろいろな責任が生じてきます。部下に信頼してもらい、仕事を円滑に進めるためにも、部下の心を掴んでおきたいですよね。

そこで、部下の心を掴むための、チョットしたプレゼントの方法を紹介したいと思います。

部下の心を掴むプレゼント方法

誕生日

部下の誕生日は、しっかり覚えておきましょう。部下の誕生日が近付いても、その話題には一切触れません。

当日になって、突然、ケーキを買って来てプレゼントしてみましょう。部下はサプライズに、大喜びするでしょう。

甘いものが苦手な部下には、小さなお花のアレンジでも喜ばれるでしょう。

大切なのはケーキよりも、誕生日を覚えてくれていたということです。部下の誕生日を、一人一人御祝いしてあげられる上司なんて、素敵ですよね。

ブランケット

職場で、部下の足元が寒そうだったら、ブランケットをプレゼントしてみましょう。「足元冷やすと、身体に良くないからね」と、一言添えて部下に配れば、なんて思いやりのある上司なんだと感じるでしょう。

部下の体調管理のためにも、身体を冷やさない暖かグッズのプレゼントは、喜ばれること間違いなしですよ。

素敵な本を見つけたら、部下みんなにプレゼントしてみましょう。心が温かくなる本や、考えさせられる本など、本は心の栄養になります。

心が満たされれば、仕事もはかどりますし、自己啓発にもつながります。強制はせず、「素敵な話だから、よかったら読んでみてね」とプレゼントしましょう。

あまり分厚い本は、見るだけで読む気になれません。簡単で、読みやすい本にしましょう。

おわりに

自分の仕事をこなしながら、部下の面倒を見て、責任も負わなければならない・・・上司という立場は、大変ですよね。

時には、部下を叱らなくてはいけない場面もあります。部下を叱っても、強い信頼関係があれば、部下はめげずに、さらに頑張ろうと思ってくれるでしょう。

そんな強い信頼関係を築くためにも、部下一人一人を思いやっている上司であることを、チョットしたプレゼントでアピールしておきましょう。

本記事は、2011年01月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る