\ フォローしてね /

猫が網戸を破らないようにする方法

このライフレシピのもくじたたむ

完全室内飼いをしている猫にとって、窓から外を見ることは大変刺激を受ける事です。

さらに窓を開けて外気のニオイを嗅ぐことは、猫にとってはさらに好奇心を満たすものです。

けれど窓を開けてやりたくても網戸を破ってしまわないか、心配ですよね。猫と網戸対策は、猫を飼っている飼い主全員の悩みの種と言っても過言ではないはずです。

猫が網戸に爪をたてた、破ったと叱ってばかりいては、猫と仲良くなんてなれません。ここでは猫の好奇心を満たし、なおかつ網戸を守る方法をご紹介します。

網戸を守る方法

網戸に猫が手をかけなければよいわけなので、網戸を守る物は窓の内側に設置します。

準備する物

  • 伸縮突っ張りポール2本

上下に滑り止めのゴム製キャップがついている物で、通常の状態で窓の高さより少し短めの長さの物が必要です。

  • スチールネット

猫が通り抜けられないような穴の大きさのものを選びます。サイズは様々ですので窓の大きさに対して何枚必要かを検討しておきます。

  • 結束バンド

伸縮突っ張りポールにスチールネットを固定するために使います。

設置方法

窓の枠に伸縮突っ張りポールを動かないようにしっかりはめ込みます。

伸縮突っ張りポールを設置する窓枠の上下にある程度の強度が必要です

結束バンドでスチールネットを緩みやガタツキがないように固定していきます。

筆者の家の窓の場合、スチールネットが2枚必要だったので、スチールネット同士も結束バンドで固定しました。

猫がぶら下がっても大丈夫か?

スチールネットを設置してすぐは、猫も興味津々でスチールネットによじ登ります。けれど、伸縮突っ張りポールにゴム製のキャップが付いているためずれたり外れたりしたことはありません。

できれば、猫が仔猫のうちにこのように網戸対策をしておくと、猫も慣れてスチールネットによじ登ったりぶら下がる事はなくなります。

おわりに

こうして網戸対策をしてある窓が一つでもあれば、猫と一緒に外からの風を感じることができます。

また万が一、網戸が破れたり外れたりしても、このスチールネットが猫の脱走を阻止してくれます。

ただし、油断は禁物です。設置した後は、ゆるみが無いか、ずれが無いかを日頃チェックしておく事をお勧めします。

Twitterで紹介!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。