\ フォローしてね /

社会人になってから勉強を始めるコツ

大学時代や高校時代など、人生において勉強は常にしてきた人が多いと思います。

しかし社会人になると、勉強ってまったくしなくなりますよね。不思議なもので、学生時代はあんなに面倒だった勉強が社会人になると面白いと感じることもよくあります。

しかし社会人は自由に使える時間があまりありませんし、勉強するといっても何を勉強すればいいのか悩むという人も多いでしょう。

今回はそんな人のために、社会人になってから勉強を始める際のコツを紹介したいと思います。

何を勉強するのか決める際のポイント

仕事に役立つ学問

どうせ勉強するなら今後の仕事に生かせるような学問がいいですよね。その知識を使って仕事もレベルアップできたら最高の形だと思います。

ですから何を勉強するのか決める際は、自分の仕事と絡めて考えることが大切です。

たとえばデスクワークで事務系の仕事が多いから統計学を学ぼう!とかですね。

統計学を有効活用できれば、与えられたデータを効率的にまとめ、分析し活用することができるようになります。

自分のスキルアップにつながる学問

新しく何かを学ぶなら、それによって自分がレベルアップできるようなものにしましょう。

たとえば簿記などは習得すれば会計の仕事もできるようになりますよね。結果的に仕事の選択肢も広がってレベルアップすることができます。

そういった自分にとって何かプラスになるような学問を選びましょう。

モチベーションを維持するコツ

資格の取得を目指す

勉強する上で大切なのがモチベーションの維持です。社会人の勉強は義務ではないのでやる気がないと続きません。

せっかく勉強しているのなら、ある程度深いところまで学びたいですよね。

そんなモチベーションを維持するのには資格の取得を目指すことがおすすめです。

ひとつの目標として設定することでやる気が出ますし、資格というのはその人のステータスにもなります。

持っているだけでいろいろと有利になることも多いですから、ぜひ資格の取得を目指しましょう。

おわりに

いかがでしょうか。社会人になってから勉強を始めても遅いということはありません。

自分自身が今以上にレベルアップするためにぜひこの記事を参考にして勉強を始めてみてください。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。