\ フォローしてね /

調味料の上手な保存方法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

調味料は、比較的長持ちをするので、ついつい気を使わず適当に扱ってしまうのですが、正しく保存をしないと風味を損ねてしまいます。調味料が美味しくないと、当然お料理の出来栄えにも影響してきます。

美味しい物を美味しく食べるためにも、調味料の正しい保存法を守って保存する必要があります。

調味料別保存方法

冷蔵庫に入れるもの

  • 味噌 味噌は冷蔵庫で保存しますが、気をつけることは、味噌は空気に触れると酸化しますので、使用後は表面を平らにし、ラップをかけて密封容器に入れて冷蔵庫に入れます。

近頃よくみかける減塩味噌、加熱処理をしていない味噌、無添加の味噌などは、特に保存方法に工夫が必要です。

  • お醤油 お醤油は長く保存していると色や香りが変わりやすいので開封し、卓上の醤油さしに取り分けたら、残りの醤油は冷蔵庫で保存しましょう。

醤油は空気に触れると酸化してしまうので、蓋をしっかり閉めて保存します。1ヶ月くらいで使い切るのがベストです。

  • マヨネーズ
    マヨネーズの成分は70%がサラダ油なので酸化しないように使うたびに容器の中の空気を抜いて冷蔵庫で保存しましょう。

  • 固形スープ
    夏の暑い時期には室温で保存しているとベトつくので冷蔵庫で保存するようにしましょう。

冷蔵庫でなくていいもの

  • みりん みりんには糖分が多いので、常温保存で問題ありません。 逆に、冷蔵庫に入れると、糖分が結晶化して白く固まることがあります。

保存期間は、製造法にもよりますが、通常は冷暗所で1年から1年半、そして開栓後は冷暗所で3ヶ月程度とされています。


  • 日光を避けて涼しい場所で保存しましょう。

  • オイスターソース
    植物性タンパク質を含んでいますので冬場は常温でも夏場は冷蔵庫が賢明です。

面倒でも、美味しく食べられるようにきちんと保存をしたいものです。

おわりに

お味噌は、ほんとうは冷蔵庫に入れない方が風味が損なわれなくていいのですが、悪くするよりも冷蔵庫の方が無難です。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。