\ フォローしてね /

固まってしまった塩・砂糖をサラサラにする方法

このライフレシピのもくじたたむ

いざ料理しようと思ったら、塩や砂糖などの調味料が固まってしまっていて、非常に使いづらい思いをされた方は多いのではないでしょうか。

今回は、固まってしまった砂糖や塩を簡単に元に戻す方法、固まりにくくする保存方法をご紹介したいと思います。

知ってトクする豆知識が好きな方はこちらもチェック!
知ってると便利!生活の豆知識まとめ

サラサラにする

塩が固まる場合、空気中の水分を吸いベトついて固まってしまいます。水分を吸って固まってしまったのですから、水分を飛ばせばサラサラになります。

電子レンジで少し加熱するか、キレイなフライパンなどで炒るとサラサラの塩に戻ります。この場合、油は敷かずに、乾煎りしましょう。

フライパンで炒る時に、少量の酒を加えてから炒ると、風味豊かな炒り塩が出来上がります。

保存方法

塩の保存方法は、とにかく湿気に触れさせないことが第一です。袋のまま保存しないで、プラスチック容器など密閉できるものに移しましょう。

塩と一緒に、食パンをちぎったものを入れておくと、食パンが湿気を吸うので、さらさらのまま長持ちします。食卓塩などの場合は、米粒を入れておくのも効果的です。

固まりにくい塩、精製塩もスーパーで売られています。上手に利用しましょう。

砂糖

サラサラにする

砂糖が固まる場合、空気中の湿気を吸い、固まります。固まってしまった砂糖をサラサラにするには、霧を吹いてからビニール袋に入れて密閉するという方法があります。霧を吹くことにより、固まっている表面の飴状の砂糖が溶けサラサラになります。

水分を十分に含んだやわらかい食パンを固まった砂糖と一緒に入れ、ビニール袋に入れて密閉しておく方法も、霧吹きと同じく、適度な水分を砂糖に与ええることができます。

電子レンジに入れ加熱してもサラサラになりますが、時間が長すぎると溶けて飴状になってしまうので、様子を見ながら加熱して下さい。

保存方法

砂糖の場合も温度変化や湿気に触れさせない事が重要です。あまり使わないのであれば、密閉容器に入れて冷蔵庫保存するのもひとつの方法です。湿度温度共に一定の場所で保存する事により、さらさらの状態が保たれます。

プレーンヨーグルトなどについてくる顆粒の砂糖は、固まりにくく、水に溶けやすい性質を持っています。普通の砂糖と同じように使えますし、顆粒糖として大きなスーパーなどで1kgの袋を扱っているところもあります。

おわりに

いかがだったでしょうか。良く使う調味料は上手に保存して、毎日の料理を楽しく快適なものにしましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/05/31-021503.php?category=182)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。