\ フォローしてね /

ダーツバーを楽しむ5つのコツ

みなさん、ダーツはお好きですか?

ダーツというと「大人なゲーム」というイメージがあるかと思いますが、ゲーム自体の敷居は高くなく、なかなかアツくなれるゲームなんです!

しかしダーツバーとなるとちょっと入りにくい感じがあるかと思います。

そこで今回は、「ダーツバーを楽しむ5つのコツ」と題し、ダーツバーの楽しみ方をご紹介いたします。

これをマスターすれば、オシャレな大人の仲間入りかも!?

ぜひ参考にしてみてください☆

4人以上で遊ぶ場合は予約を!

ダーツバーには専用のダーツ機がある意外には、普通のバーと特に変わりありません。

ダーツ機の台数はお店により異なりますが、1台のダーツ機前には背の高いテーブルと椅子が置いてあることが多いです。

ダーツは基本的に1台で4人までゲームができます。

なので1グループ4人以上の場合はテーブルが分かれてしまうこともありますので、あらかじめお店に連絡しておくことがおすすめです!(ゲームをしない人がいたり、順番にゲームする場合は大丈夫でしょう☆)

飲食の料金とゲーム料金

ダーツのゲーム料金は、ゲームセンターにある機械のようにダーツ機に投入します。

ほとんど一人100~200円でプレイできるため、お店には両替機があったりします。

無い場合でも、店員さんに両替を頼めば快く両替してくれますよ。

よって、ゲーム料金はダーツ機に投入、飲食は普通のバーと同様に退店時に伝票等をもらい、支払います。

ドリンク&軽いおつまみがオススメ

ダーツバーでは何といっても、ダーツをしながら美味しいお酒を楽しめるのがウリです!

ビールやカクテルの種類が豊富なお店も多いので、お酒を片手にダーツを投げるというのも大人っぽくて素敵ですね!

ただし、立ったり座ったりが多いので量はほどほどに!

さっとつまめるおつまみを一緒に頼んで、わいわいゲームをするのが良いでしょう。

分からない時は素直に店員さんに聞こう!

もしもゲーム中に分からない画面が出てしまったり、ダーツがささったのに得点が追加されないなど機械のトラブルがあったら、すぐに店員さんを呼びましょう。

ダーツバーの店員さんはもちろんダーツについても詳しいですし、プレイをしている方もいらっしゃいますので丁寧に教えてくれます。

ゲームメニューの選び方が分からない時や、ルールを知らない場合も、恥ずかしがらずに店員さんに声をかけてみることをオススメします。

分からないままや不安なままやってもダーツを楽しめないですし、ルールは簡単でシンプルなものが多いですのでスグに覚えられるでしょう。

恥ずかしがることはありませんよ!

慣れたらマイダーツを手に入れよう!

ダーツバーにはダーツ用品を取りそろえているお店が多くあります。

ダーツに慣れてきたら自分のダーツを用意してみると、テンションもあがるし、仲間や恋人にも一目置かれることでしょう!

気軽に入れるおすすめダーツバー

最後に都内にあるおすすめのダーツバーをご紹介します。

料金もリーズナブルで、ダーツ機も多めなのでオススメです!

ダイニング・バー BlueArrow
都営新宿線小川町駅 B5出口 徒歩1分

Lani girl! 恵比寿店
JR恵比寿駅 西口 徒歩3分

darts&bar Days
JR秋葉原駅 徒歩3分

LOSCABOS サン・ホセ・デルカボ池袋店
JR池袋駅 西口 徒歩2分

投げ処 助の◎
JR新橋駅 徒歩5分

DARTS-DINING&BAR GIRLS NEXT PHI
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅 9番出口 徒歩1分

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ダーツ自体は上手くても下手でもまったく問題ありません!

ダーツバーはとにかく楽しめばいいのです!

プレイすることはもちろん、仲間同士で得点を競ってみたり、フォームを研究してみたり、ダーツ用品を眺めてみたり・・・

もちろんダーツが出来ない場合でも、普通の席に座ってゆっくりとお酒を飲むこともできます。

バーの中でも、ダーツバーはさらに入りにくい・・・という印象が少しでも無くなれば幸いです☆

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。