\ フォローしてね /

毎日持ち歩くものを忘れないようにする方法(超簡易版)

毎日持ち歩く、財布、ケータイ、鍵…etc

同じものを持てばいいだけなのに、その内のどれかをしょっちゅう忘れてしまうという、昔の自分みたいな人の為の方法です。

こんなことしないでも大丈夫だろ、という人の方が普通かもしれませんが…

カバンを服によって変えたりする女性には合うのではないでしょうか。

方法は二通りあります。

1:持ち歩くものの「数」を覚えておく

例えば、鍵、ケータイ、手帳、財布、定期 の5つを必ず持ち歩く場合、「5」という数字だけを覚えておきましょう。

出る前に、持っているモノを数え、5つに足りなければ何が足りないかを考えます。さすがに足りない事が確実である場合は、簡単に思いだせるはずです。

これの応用として、いくつか要事や持っていくものがあった場合、やはりその数だけをまず覚えておくといいです。次の日になっても単純な数字は結構覚えているものです。

ただ、毎日持ち歩くものに比べると、「足りないけど、何が足りないかわからない…」という事が多くなります。それでも「足りないかどうかが判らない」状態よりは、確実に思い出しやすくなります。

2:各ポケットに何を入れるか決めておく

男の人ならズボンの前後左右にポケットが有る事が普通と思います。それらに入れるものを割り振っておき、全てのポケットが埋まるようにしておきます。

これがくせになると、空いているポケットがあるとすぐに気がつくようになります。

これは女の人の服ではなかなか難しいですので、細かいポケットの多いバッグとかを使っている人にはいいと思います。

ポケットがないバッグでも、最近はやっている「バッグインバッグ」(鞄の中に入れる小さい鞄)に必要なものを入れておくと便利です。

無印良品など、いろいろな雑貨屋さんで販売されていて、いろんなサイズもあります!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。