生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 二日酔い・悪酔いしにくくする方法

二日酔い・悪酔いしにくくする方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

二日酔い・・・辛いですよね

あまり飲みすぎないようにしようと思っててもついつい飲みすぎちゃって次の日後悔したり、どうしても付き合いで飲まなきゃいけなかったり。

ちょっとした工夫で、二日酔いしにくくなる方法をまとめました!

飲む前にやっておくといいこと

牛乳で胃を保護しましょう!

空腹だとアルコール分解が間に合わずに酔いが回りやすくなります。
牛乳を飲んで胃を保護しましょう。牛乳の乳脂肪がアルコールの吸収を遅らせ、たんぱく質がアルコールの代謝に役に立つようです。

栄養ドリンクを飲んでおこう!

今日は絶対たくさん飲みそう!というときは、栄養ドリンクを飲んでおきましょう。
アルコールの分解にはビタミンが必要と言われています。事前に摂取しておくことで代謝に役立つと言われています!

飲んでるときに気をつけたいこと

お酒の選び方

何種類ものお酒を飲まないようにしましょう。チャンポンはしないように!
チャンポン自体が悪いわけではないのですが、たくさんのお酒を飲むことでついつい飲みすぎてしまうので注意しましょう!

また色の薄いお酒を選ぶと二日酔いしにくくなります。

例)ワインですと赤より白を選んだりしましょう。

氷を入れすぎない

冷たいお酒はアルコールが感じにくくついつい飲んでしまいがち。さらに胃を冷やすことで二日酔い&悪酔いしてしまいます。

野菜・豆類や豆腐などのビタミン・たんぱく質を取る

おつまみは豆類・ナッツ・豆腐などたんぱく質、サラダなどの野菜を積極的にとりましょう!アルコール代謝に役立つと言われています。

チェイサーを用意しよう

お酒を飲むときに一緒に飲む水をチェイサーといいます。お酒が強い人は特にゴクゴクいってしまいがち!
アルコールで喉が渇く→さらにアルコールというパターンになってしまいます。
気付いたときには・・・とならないように、チェイサーを用意して水分を取りましょう!

寝る前にやっておくといいこと

多めに水分を取りましょう。

体内のアルコールを排出することが大事です。水分をたくさん摂って利尿を促しましょう。
体を冷やさずに代謝を促す白湯がおすすめです。スポーツドリンクよりもおすすめです。

ビタミン剤や肝臓のサプリなど飲んでおきましょう。

散々書いてますが、普段よりもアルコールの分解にビタミンが必要になります。よく飲む人は用意しておくといいです!

  • ハイチオールC(ビタミンCなど)
  • チョコラBB(ビタミンBなど)
  • ヘパリーゼプラス(肝臓に)
  • 胃薬
  • ウコンの力など

それでも二日酔いしたら

シジミのお味噌汁を飲む

タウリンや、アミノ酸、メチオニンが傷んだ肝臓を修復してくれる効果が期待できます。
しんどくて作れないと思いますのでインスタントなど用意しておくといいです!

スポーツドリンクを飲む

粉末のポカリスエットは濃さを調整できるのでお勧めですよ!
冷たくしすぎないように注意して下さいね。

お風呂に入って体を温める

熱すぎないお湯で半身浴がおすすめです。
汗をかくこととでいつもより脱水症状など気分が悪くなる危険性があるので、お風呂にミネラルウォーターなど持ち込むといいです!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100330195423

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る