\ フォローしてね /

「普段から心がけていることはなんですか?」と、面接で聞かれた時の対処法

普段から心がけていること、と、考えてしまうと、そんな大げさなものないよ。と、思ってしまうかもしれません。が、よーく考えてみると、何個もでてくることでしょう。

今回は、「普段から心がけていることはなんですか?」と、面接で聞かれた時の対処法をご紹介していきたいと思います。ぜひ、ご参考にしていただきたいと思います。

ポイントその1 ちょっとしたこと=すごいこと

部活などで「大会で優勝することを、常に心がけています。」と、いう答えでもいいです。とはいえ、そんな大きな目標はない。と、考えてしまう学生もいることでしょう。そうではなく、普段の生活であなたが心がけていること何かしらあるはずです。

例えば「毎日お皿を洗うこと」「1日10分毎日本を読むこと」「毎日日記をつけること」などなど、こういったちょっとしたことあったりしませんか?面接官としては、むしろ、普通の生活で継続できていることを知りたがっています。

社会人になるということは、ほぼ毎日仕事の連続です。だからこそ、毎日続けていることがある人は、強みになります。こうしたちょっとしたことを考えてみましょう。

ポイントその2 きちんとこなしているか

こうしたちょっとした目標を、きちんとこなしているかどうかで評価はアップします。

例えば「毎日日記をつけるようになってから、自分の反省点が明確になって次の日に繋げられるようになりました。」など、自分の体験談を通して、アピールすることがいいでしょう。

「普段から心がけてきたからこそ、成長に繋がるんですね。」と、面接官の方にいわれれば、大成功です。

おわりに

普段から心がけていることが、どうしても見つからないという人は、無理矢理心がけを作るようにしましょう。毎日、ニュースをみる。新聞を読むなどなど、就職活動のためにもなるようなことがいいかもしれません。

就職活動に意欲的な学生は企業としても好まれることでしょう。まだまだ間に合います。意識してみてください。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。