\ フォローしてね /

「休日は何をしていますか?」と、面接で聞かれた時の対処法

「自己PRをしてください。」「今まで頑張ってきたことはなんでしょうか?」と、自分をアピールするような質問とは違い、「休日は何をしていますか?」と、いう質問は、一見大した質問でないように聞こえるかもしれません。

とはいえ、面接の中で聞かれることです。きちんと意図がある質問だということを心がけていきましょう。今回は、「休日は何をしていますか?」と、面接で聞かれた時の対処法をご紹介していきたいと思います。ぜひ、ご参考にしていただきたいと思います。

ポイントその1 時間の管理ができているかどうかをみられている

大学生は、週に2回以上休日がある学生もいるでしょう。夏休みや春休みをカウントしても、休みという数はとことんあることは、面接官側も承知のうえです。

とはいえ、「休日は1日中寝ています。」「1日中ゲームをしています。」と、その休みをあまり有効に使えていないことがわかってしまっては、面接官もがっかりです。

休みの日は、とにかく充実して過ごしていることをアピールしましょう。「アルバイトをした後、友人とご飯を食べています。」「サークルの練習をしています。休む暇もありませんが、楽しいです。」など、活動的なことをアピールしましょう。

ポイントその2 変わった答えを準備しておく

上記の例は、ほとんどの学生が答えるであろうオーソドックスな回答でしょう。それだと、他の学生と差がつきにくいこともしばしあることでしょう。そうでなく、自分にしかできていない変わった休日の過ごし方を用意しておくといいでしょう。

例えば「週に2日あるうちの1日は、筋トレ仲間と1日中筋トレをしています。」など、何か印象に残るようなことをアピールとして使いましょう。

誇張したり、見栄をはるような過ごし方をアピールすればいいわけでは、ありません。あなたが普段過ごしていることで、自分しかやってないだろうなと思うことがあれば、話してみるのもいいでしょう。

おわりに

大学生はとにかく休日がたくさんあるので、遊んでると思われたらまずいのでは?と、考えてしまう学生もいると思います。そんなことなく、面接官としては、その時間をいかに楽しく使っているかをみています。

そのアピールができるといいでしょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。