\ フォローしてね /

超初心者のためのバーの楽しみ方

お酒を飲み始めると、いろいろな店に行ってみたくなりますね。

でも、バーに行っても、メニューがでてくるとは限りません。強いお酒はまだムリだけど、ビールしか頼めないのはつまらない・・・と思うなら、軽いカクテルから初めてみましょう。

宵の口、初心者向けのカクテル

ミモザ

シャンパンとオレンジジュースのカクテル。食前酒として飲まれることも多く、夕暮れから飲むのにぴったりですね!

シーブリーズ

ウォッカ・クランベリージュース・グレープフルーツジュース。夏にぴったりです!

ピニャ・コラーダ

ラム・パイナップルジュース・ココナッツミルク。村上春樹の小説『ダンス・ダンス・ダンス』では、主人公がこれを浴びるように飲んでいます。もちろんお酒初心者はほどほどに。

ギムレット・ハイボール

ただハイボールと言うとウィスキーを炭酸で割ったものをさすことが多いですが、ギムレット(ジンとライムのカクテル)のハイボールはいかがでしょう。「ギムレットにはまだ早い」あなたにぴったりです。

シンガポール・スリング

日本映画のタイトルに使われたこともあるカクテルです。ジン・チェリーブランデー・レモンジュース。色が美しい。

モスコミュール

初めて飲んだカクテルはコレ、という人も多いと思います。ウォッカ、ライムジュース・ジンジャーエール。甘いのが苦手という人にもおすすめです。

バーテンさんはこわくない

バーの選び方

バーを良く知っている人に連れて行ってもらうのが間違いありません。でも、周りにそういう人がいないのであれば、勇気を出して入ってみるしかありませんね。

  • 駅に近い
  • 看板が好み
  • 一杯1000円くらい

といった基準を目安に、カジュアルなバーを探しましょう。

席はお店の人に決めてもらう

1人ならカウンター席がおすすめです。カクテルを作るところが見たいですものね。でも常連さんの指定席だと困るので、ずかずかと座らないようにしましょう。

少し迷ったようなそぶりで立っていると、お店の人が席をすすめてくれることがほとんどです。

バーテンさんはこわくない

あまりお酒に強くない、果物は好きだけど甘いのは苦手…と、好みを言えば、あなたに合ったカクテルを作ってくれる。それがバーテンさんです。

知ったかぶりをするよりぶっちゃけて相談してみましょう。

あの丸い大きな氷はどうやってつくるの?なんて素朴な質問にも親切に答えてくれるような人だと何度も通ってしまいたくなりますね。

同じ名前のカクテルでも、店によってレシピが全然違うことも多いので、薀蓄を聞くことができるかもしれません。

おわりに

映画を見て、小説を読んで、バーにあこがれていた未成年から、ほんとにバーデビューできる年になって、はりきってしまいますね。

はしゃぐのは内心だけで、少し気取って、でも肩肘張らずに気軽にトライしてみましょう!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。