生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結納って必要?婚約・結納の基礎

結納って必要?婚約・結納の基礎

2012年09月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

ここでは、婚約・結納についての一般的な基礎知識を紹介します。

結納とは?

日本に古くから伝わる婚約形式のことを「結納」といいます。男性から女性に向けて、結納品を贈ったり、あるいは双方が結納品を贈りあって、婚約が成立したことを確認する儀式です。

この結納には、2人の婚約を公にするという意味合いも含まれています。

少なくなっている正式結納

正式結納とは、仲人が取り次ぎ役となり、結納品を持って双方の家を往復します。

近年の結婚では、互いの家が離れていることも多かったり、そこまでしきたりを重んじる必要もないという考えが広がっているため、正式結納をしない場合も増えてきています。

結納をする場合としない場合

結納をする場合(結納までにしておくこと)

  • 結納の形式を決める
  • 仲人を立てる場合は、依頼する
  • 結納の場所と日程を決める
  • 結納品、結納返しを購入する
  • 結納で必要な書類を作る

結納をしない場合(結婚式までにしておくこと)

  • どのような形で両家の顔合わせをするか決める
  • 食事会をする場合は、日時や場所を決める
  • 婚約記念品などの交換などを行うかどうか決める
  • 食事会のプログラムを作る

親族のみで行う略式結納

正式結納を交わすカップルが少なくなる一方で、増えているのが略式結納です。

略式結納とは?

略式結納といっても、やり方がいくつかあります。

  • 仲人を立てる場合
  • 仲人を立てない場合
  • 女性の自宅で行う場合
  • ホテルなどで行う場合

もっとも多いのは、仲人を立てずに、双方の家の親族のみが集まるスタイルです。外で行う場合、便利なのがホテルや結婚式場などで用意している結納パックです。専門スタッフのサポートによって、結納品選びから祝宴までトータルで取り仕切ってくれます。

仲人を立てる略式結納

略式結納の中には、仲人を立てるスタイルもあります。

この場合、結婚する2人が仲人役の夫婦を探さなくてはいけません。基本的には、2人とも、あるいはどちらかがよく知っている年長者にお願いします。職場の上司、学生時代の恩師や先輩、親の知人などに依頼するケースが多いです。

まずは電話や手紙で打診し、色よい返事がもらえたら、双方の両親と一緒にあいさつに行きます。結納の日取りについては、仲人の都合を聞いて決めましょう。

結納の時期

結納を行う時期は、遅くても結婚式の3か月前。できれば5~6か月前が良いでしょう。(結納から結婚式までの期間が短いと、式の準備に支障が出る恐れがあるので余裕を持ちましょう)

本来は、大安や友引などの吉日に行われる儀式ですが、現在ではそれよりも土日や祝日など、仲人や親族が出席しやすい日を選ぶのが現実的です。

結納なしの場合は食事会を

正式、略式にかかわらず、結納をしないカップルも増えてきています。

その場合も、両家の顔合わせを行うために食事会などをセッティングしましょう。

関連ライフレシピ

本記事は、2012年09月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る