\ フォローしてね /

「最近気になったニュースはなんですか?」と、面接で聞かれた時の対処法

就職活動生は、日経新聞を買うように。と言われたこはありませんか?それほど、就活の面接では日々のニュース、時事問題が問われたりする機会が多いでしょう。

今回は、そんな「最近気になったニュースはなんですか?」と、面接で聞かれた時の対処法をご紹介していきたいと思います。ぜひ、ご参考にしていただきたいと思います。

ポイントその1:エンタメはNG

いわゆる芸能人の噂、誰と誰が結婚した、芸能人の本についてなどなどは、話題にしてはいけません。そんなことを話してしまったら、あっという間に、脱落候補にいれられるでしょう。

ここでは、あくまで日本の経済・政治の動き・環境問題などのお堅い話題が求められています。とにかく、新聞やニュース、情報の引き出しはなんでもいいので、エンタメ以外の話題をだすようにしましょう。

ポイントその2:その業界に見合った時事ネタ

例えば、不動産業界に勤めたいのであれば、不動産業界に通じるニュースを日々チェックしているのが当然だと思われていることでしょう。

一般的にはあまり知られていないことでも、不動産業界ではビックニュースになることもあります。それをスルーして、違う話題をあげてしまっては、他の学生と差をつけられてしまいます。

就活においては、志望動機も時事ネタに絡められるとより良いものになります。

ポイントその3:自分の考えを織り込む

気になったニュースをあげて、簡単にそのニュースの内容を説明した後、自分の考えを話すといいでしょう。

例えば「世界のスラム街の子供たちが、家を壊されて黙って見守るしかないというニュースをみて、何もできない自分に憤りを感じた。小さなことかもしれないが、募金活動などに協力したいと思う。」など、自分の見解を述べてください。

おわりに

就職活動をする際には、必ず1日1ニュースについて、自分なりの見解をもつようにしていったほうがいいでしょう。その訓練を続けることで、就職活動の面接で聞かれた時にも、スムーズに答えられるはずです。実践してみてください。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。