生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 授乳可能な普通の服のポイント

授乳可能な普通の服のポイント

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

妊娠中は否応なしに妊婦服を選んでいた人も、出産後は妊娠前の洋服を着たりして、おしゃれを楽しみたいですよね! ところが、母乳育児のママの場合、今度は母乳をあげなくてはいけないので、すぐにおっぱいが出せるような洋服を着ないといけません。通販で多数出回っているとはいえ、授乳服にはカワイイ洋服は本当に少ない……。そこで、授乳期を楽しく過ごす洋服選びのポイントを考えてみました。

最低限買うもの

  • 胸元が出しやすいインナー(2-3枚程度)

写真は、胸元をめくる形のインナーです。インターネットなどで広く販売されています。※分かりやすくするために、あけた部分を白くしています。

授乳可能な普通の服のポイント

授乳のために洋服を選ぶというのは、そのときしか着られないイメージがありますが、下記のポイントにあった服は授乳期以外でも着ることができるので、なんとなく損をしたイメージがありません。

インナーの上に着つつも、ボタンをはずしたり、まくったりすればすぐに授乳が可能な洋服、というのがポイントです!
  • 前身ごろを全開できる洋服

 

  • みぞおちぐらいまで開けられる/開いている洋服

  • パーカーやカーディガン

とにかく自分のお気に入りの洋服を着よう!

出産後、とくに数ヶ月たつまでは、オムツ、授乳、泣くのをあやすための抱っこの繰り返しで、ほとんど外に出られないというのが、大多数のママの日常ですよね。毎日、とはいいませんが、できるだけ自分のセンスにあった好きな洋服を着れば、気分も上向きになります。そうすれば、赤ちゃんにも余裕をもって接することができるような気がします。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100308190616
  • 20100308190638
  • 20100308190657
  • 20100308190714

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る