生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 写真撮影で知っておきたいかわいく写るコツ

写真撮影で知っておきたいかわいく写るコツ

2011年01月16日作成

 views

どうして、私って写真写りが悪いんだろう・・・。そう悩んでいる人はいませんか。いつも鏡で見ている顔は、少し作っている顔なので、写真で写された顔とはだいぶ違ってくるかもしれません。

しかし、ずっと残る写真だからこそ、かわいく写りたいものですよね。今回は、写真撮影で知っておきたいかわいく写るコツを紹介します。

目次

一人撮りは笑顔で、ちょっと上目遣い

「はい、チーズ」のチーと言うときの顔をしてみましょう。自然に口角が上がり、笑顔になります。あまり力みすぎないのがポイントです。

また、ちょっと上目遣いの顔は甘えているような感じで、かわいく見えます。目をぱっちり開いて、にっこり笑ってみましょう。

下から顔写真を撮ってしまうと、年を取って見えてしまいますので、注意してください。

数人で写るときは真ん中と端は避ける

真ん中に立ってしまうと真っ直ぐに立つことしかできません。ポーズは正面を向いて立つよりは少し斜めに構えてとったほうが、体のラインがシャープに見えます。端に行ってしまうと、今度はちょっとゆがんで写ってしまいます。

できれば、真ん中の隣あたりをキープし、ちょっと斜めに構えるときれいに見えます。このとき、背筋はできるだけすっと伸ばすようにしましょう。きれいに見えます。

物と一緒に写る

人物のみで写真を撮るより、物と一緒に写真を撮ったほうが、目が行く点が分散されて、かわいく見えます。特に、大き目のぬいぐるみやコーヒーカップやカクテルなどの飲み物と写るとかわいく見えます。

かわいく見えるポーズを研究しておく

自分撮りをしてみましょう。いろいろな方向から撮ったり表情を変えたり、これというかわいいポーズを研究しておくと、いざ撮るときに困らずに、堂々とした感じで撮ることができます。

おわりに

どうでしょうか。上の3つは、比較的簡単に実践できることだと思います。かわいく写真に写って、その写真を長く残しておきたいですよね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110116190704
  • 20110116191218
  • 20110116194059

本記事は、2011年01月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る