生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ウェブ上で読みやすい文章を作るコツ

ウェブ上で読みやすい文章を作るコツ

2011年01月16日作成

 views

お気に入り

はじめに

文章を人に読ませると言うのは、思っているよりも難しい事です。読み手が見やすい文章とはどういう物でしょうか。

ここでは、印刷された文書ではなく、インターネットで文を作る時に読み手に見やすくするための方法を考えていきましょう。

ウェブで見やすい文章とは

「文章を作る」と言う事は、読んだまま「文を書く」事ですが、印刷物とデジタル画面では少し勝手が違います。

字がずっと並んだ画面は見る気がしない

本や雑誌など印刷された物だったら字が並んでいるのは当たり前で、誰も飽きたりする事はありません。

しかし、パソコン画面では字ばかりが並んだページは見るのが苦痛になってきます。

文章を人に読ませると言うのは、思っているよりも難しい事です。読み手が見やすい文章とはどういう物でしょうか。ここでは、印刷された文書ではなく、インターネットで文を作る時に読み手に見やすくするための方法を考えていきましょう。「文章を作る」と言う事は、読んだまま「文を書く」事ですが、本とデジタル画面では勝手が違います。

著者がたった今書いた冒頭の文章です。この部分だけでも、もう見飽きる感じがしてきますね。目が痛くなってきます。

パソコン上でページを1つ作る事は、ある意味「画面を1つ作る」のと同じ作業だと思って良いでしょう。

では、どうしたら見やすい「画面」を作ることが出来るのでしょうか。

段落で切り替えて間を作る

ブログなどでもそうですが、文を続けて入れるのではなく、何行かに分けて改行します。改行して間を入れる事で文が読みやすくなるのです。

フォント(文字)を工夫する

強調したい部分の文字を大きくしたり、色を変えたり、太字にしたりする事で、文に強弱を作ります。

ご覧になっているページ「nanapi」では、字の大きさや色は変えられないので、太字や下線などを効果的に使って文に変化を出していくと良いでしょう。

画像や絵文字を効果的に入れる

絵文字の使用は日記や雑文に限ります。入れすぎると「うるさい」印象になりますので、考えて入れましょう。

おわりに

ウェブ上では本と違って、「パッと見た目の1ページ」の印象が大切になってきます。良い文章を書くと同時に見た目に面白い1ページを作る事で、読み手が見る気が起こるページになるのです。

せっかく書いた文章、最後まで読んでもらえるように「あなたの1ページ」を上手にデザインしていって下さい。

本記事は、2011年01月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る