生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 送別会で周りに見せたい、箸袋を使った鶴の折り方

送別会で周りに見せたい、箸袋を使った鶴の折り方

2016年11月21日更新

 views

お気に入り

はじめに

3月は、卒業式、送別会などの飲み会の機会も多く、みんなで居酒屋に集う機会も多いと思います。そんなときに、箸袋をして、みんなの話題をさらうことができます。

今回は、送別会で周りに見せたい、箸袋を使った鶴の折り方を紹介します。時間はかかっても、2~3分です。割と簡単にできるので、さっと作って、周りの人にプレゼントしてあげましょう。

準備するもの

  • 箸袋 1枚

箸袋の柄が和っぽいと、とても上品に仕上がります。

割り箸 格子柄模様 60膳 キラットオリジナル 【合計¥1900以上送料無料!】
割り箸 麻の葉模様 60膳 キラットオリジナル 【合計¥1900以上送料無料!】

作り方

こちらに動画がありますのでご覧ください。箸袋の代わりに、カレンダーを切った大きい紙で折っていますので、とても分かりやすいと思います。

EMBED:Ezf_JiMilP4

小さい箸袋で折るときは、折り目をしっかり折るようにすると、仕上がりがきれいになります。特に、尾っぽに当たる部分は指の腹や爪を使って、きれいに折るようにすると、きれいな鶴に仕上がります。

おわりに

とてもきれいですぐに折り上げることができますので、食べ物や飲み物を注文して、来るまでの間に折ってしまうことができます。簡単にできるので、周りの人に教えてあげてもいいと思います。

今から練習をして、3月の送別会の飲み会のときに、さっとできるようにしておきましょう。すぐに折り方を覚えることができると思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110116162105

本記事は、2016年11月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る