生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 手帳に活躍!しおりと下敷きを同時に実現する方法

手帳に活躍!しおりと下敷きを同時に実現する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

元々は対象ページを一発で開きたかった!

ほぼ日手帳でも陰山手帳でも栞がついていて、対象ページが一発で開けますよね?でも長年使うと栞が切れたりします。。つД`)

100円ノート術のように、使用済みページの右下を切り取るって方法もありますが、複数ページに栞を挟みたい時にはNGですよね?

そこで栞として使え、且つ下敷きとして使える方法を考えてみました!

準備するもの

  • 手帳のサイズにあったクリアファイル
  • 手帳

作業内容

クリアファイルは二辺が閉じられて、残り二辺が開放されてますよね?

その一辺(下側)をカッターで切り背中側を残せば、昔懐かしいギョウチュウ検査シールみたいにペラペラになります(あ!下品ですいません。。)

あとはそれを手帳の該当ページに挟み込むだけ!
一発で該当ページを開くことができ、下敷きとしても使えます。

利用するクリアファイルを色分けして、仕事用やプライベート用に使い分けるのもよいですね。

応用編

クリアファイルに付箋紙を貼り付けておくこともできますので、手帳の省スペース活用もできます!

あと水性ペンを使ってクリアファイルに落書きすれば、簡易ホワイトボードにもなりますよ(^-^)

注意点

貧乏くさいといわれる率が高くなります( ´Д⊂ヽウェェェン

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20090902231721
  • 20090902232109
  • 20090902232733

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る