生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. [就職活動]大学1、2年生から始める就職活動の準備

[就職活動]大学1、2年生から始める就職活動の準備

2011年01月15日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

最近、セミナーなどで話す機会がるのですが、大学1、2年生の参加者が増えていて、質問も就職活動の話がとても多いです。

今回は、大学1、2年生から始める就職活動の準備について、紹介します。

資格を取る

時間がある大学1、2年生のうちに、資格を取っておきましょう。特に、公務員試験や公認会計士、社労士などの試験を受けるのであれば、早くから専門学校に通うなどの対策が必要です。

業種、職種を問わずに、採用する側の評価が比較的高いのは、MOS(マイクロオフィススペシャリスト)、TOEIC、初級シスアド、簿記、宅建などです。

TOEICは1年勉強を続けていれば、かなりスコアが上がりますし、他の資格も1年ぐらい真剣に勉強を続けていれば、合格できるものです。できれば、将来の仕事に関係するようなものを選ぶようにしましょう。

資格を持っているというのは、頑張って勉強をしたことの証拠になりますし、他の人と差をつけることもでき、自分の自信にもつながります。

インターンの準備やアルバイトを経験する

最近は3年生の夏にインターンをする学生が増えています。大学1、2年生のうちに、インターンを経験した先輩などから話を聞いて、どのような準備か必要か聞いておきましょう。

また、アルバイトをしておくことで、自然に敬語の使い方や他人との接し方を学ぶことができます。

文章を書く練習をしておく

就職活動が始まると、膨大な量のエントリーシートや履歴書を書かないといけません。

いきなり書く力をつけようとしても時間がかかるので、時間がある大学1、2年生のうちに、いろいろな本を読んだり、日記を書くなどして、文章を書く習慣をつけておきましょう。

簡単にできる練習としては、今の段階でできる自己紹介、自己アピール、長所・短所や高校生時代の経験などをまとめてみることです。一度作って、その後何回も改良を重ねることで、いざというときに、時間を短縮できます。

おわりに

いかがでしょうか。大学1、2年生の間でもできる就職活動の準備があります。できることから始めてみましょう。

本記事は、2011年01月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る