生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動へ向けての心構え

就職活動へ向けての心構え

2012年11月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職氷河期と言われ、大学生の就職への意識が高まっています。大学生の4年間はあくまでも過程であって、最終的にどのような仕事に就きたいかで、過ごし方も変わってきますね。

今回は、大学生必見、就職活動へ向けての心構えをご紹介したいと思います。ぜひ、ご参考にしていただきたいと思います。

その1 明確なビジョンがあるのであれば、どんどん行動におこすべき

例えば、女子アナウンサーになりたい。不動産関係の仕事に就きたい。と、明確なビジョンがあるのであれな、大学3年生で始めるのでは遅いです。大学に入学した時には、意識していましょう。

アナウンサーであれば、それ相応のサークルなどもありますし、積極的にアナウンサーセミナーに訪れることをしたほうがいいでしょう。不動産の仕事に就きたいのであれば、宅建の資格の習得を在学中にこなしたほうがいいでしょう。

あの時やっておけばよかった・・・と、社会人になってから、後悔する方は多いです。自分が在学中に何をしておけばいいのかということも、明確にできることを意識していきましょう。

その2 人より早く行動する

まだ、友達や周りの人もやってないから、自分もやらなくていいや。という考えは非常にダメなパターンです。人がやってないのに、自分はやっていていいぞ!と、思うくらいが、ちょうどいいのです。

人にあわせて、就職活動を怠ってしまうと、自分がやりたかった仕事の面接が気付いたら終わっていたなんていうこともあります。

自分がやりたいと思う仕事を見つけ、その採用試験を受け、合格するということを、いち早く行うことが大切なのです。人にあわせているようでは、あっという間に残り物のやりたくない仕事に就くおそれもありますよ。

おわりに

仕事に就くなら、辛いことがつきまとうことは、必ずあります。それだったら、自分のやりたくない仕事よりは、自分のやりたい仕事に就くことが一番いいことでしょう。ぜひ、早急に就職活動に向けて意識して行動しましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110115001246

本記事は、2012年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る