生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 引越し後に探し物をしなくてすむ荷造りのコツ

引越し後に探し物をしなくてすむ荷造りのコツ

2011年01月14日作成

 views

はじめに

年明け、年度の変わり目は引越しのシーズンですね。何度も引越していると要領もよくなるのですが初めての方は荷造りからもう大変ですね。

ちゃんと手際よく荷造りしたのに、引越し後に探しものに時間がかかったり結局見つからず失くしてしまうということが意外に多いようです。そうならないためのちょっとしたコツを紹介します。

荷造りのコツ

引越し業者のダンボール箱には品名番号を記入できる欄が印刷されていますね。たくさんのダンボール箱があるので中身を明記するのは当然必要なことです。

かと言ってただ「洋服」「食器」のような書き方だけでは引越し先で開封して片付けていく時にも効率よくできないのです。

そして困るのがすぐに必要なものがあっても探せないということ。こうした苦労の要らないように荷造りの段階でちょっとしたコツを覚えておくことをお勧めします。

箱はカテゴリーよりも場所ごとにまとめる

開封して片付ける時はキッチン子供部屋洗面所などの部屋ごとにしますね。そしてその中でまた、食器棚、キャビネット、シンク下などと仕分けていきます。

荷造りする時にはこういう具体的な場所を踏まえてまとめておくと整理しやすく手際よくできます。箱には「キッチン、食器棚」のように具体的に。はっきりしないものは「キッチン、未定」とでもしておきましょう。

リストを作る

文具や細かいものは、新居に移ってから必要になった時にすぐに取り出せない、見つからないということが多いですね。

箱は同じ場所でも何個かあるはずですからマジックではっきり番号を書き、中に物を詰めながら手書きリストを作っていきましょう。自分だけがわかればいいのですから大雑把で構いません。

業者や手伝いの人が見てすぐわかるように、箱には大きな字で部屋を明記。細かい場所や品名などは自分がわかればいいので少し小さめに書きましょう。

片付けにはデジカメを利用

書棚や食器棚、クロゼットの中などは荷造りする前に写真を取って残しておくと便利です。

全部ごちゃごちゃになってしまうと元のようにすっきり片付けるのに時間がかかります。とりあえずは前と同じように整理できるように記録しておきましょう。アレンジは後々ゆっくりと。

最後の箱

きれいに荷造りできて引越し当日最後に残ったものは?バケツ、雑巾、サンダル、最後に使った食器、洗面用具、ティッシュ・・

これらは最後の箱としてひとまとめにしておき、引越し先では最初に開ければいいですね。

新居でまず要るものは予めここに入れておくと便利ですよ。石鹸やタオル、最低限の食器、ペットフード、女性ならメイク道具とかすぐに使えていいですね。

おわりに

いかがですか。荷造りもやり方次第でずっと効率がアップしますね。

引越しは大変疲れます。新居ではなるべく順序良く無理せず片付けられるように荷造りの段階で工夫してみましょう。

本記事は、2011年01月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る