生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 携帯メールをチャット状態にしない方法

携帯メールをチャット状態にしない方法

2011年01月14日作成

 views

はじめに

携帯でメールをやり取りしていると、相手からすぐに返信が来ることがあります。すぐに返信が来ると、返信をしなければならない義務感に駆られたり、時間を有意義に使えなくなってしまう可能性があります。

そこで、あらかじめメール本文の内容に気をつけて、チャット状態のやり取りとなることを未然に防ぎたいと思います。

メールのチャット状態を防ぐ方法

好きな人や仲の良い友人ならともかく、職場の上司やそれほど親しくない知人とそうそう長くメールしたいと思うことはありませんよね。

直接的にメールが迷惑、という内容を伝えることができればよいのでしょうが、残念ながらそうできない事情が含まれているケースが多々ありますので、極力やんわりチャット状態を避けるようもっていきましょう。

質問をしない

相手から返信が来るということは、基本的にこちらが話題を提供しているからに他なりません。ですから、本当に必要な内容以外の問い合わせはしないように心がけましょう。

質問を繰り返すとよからぬ誤解を招く恐れがあるので、そういった意味でもほどほどに。

短文を避ける

チャット状態のメールにありがちなのは、短文が延々と続くケースです。長文にすることで相手が読む時間を長引かせることができますし、あまり長いと読むことや返信をすることが億劫になり、少なくとも即返信は避けることができるでしょう。

相手のことを長く書くのでなく、当たり障りのない文章を長文にしましょう。

これから予定があると伝える

前述のような手段を施しても長引きそうだと判断した場合、これからの予定を伝え、返信をやめてしまいましょう。

もっとも手っ取り早いのは、睡眠をとる旨を伝えることだと思います。おやすみメールが来る可能性は否定できませんが…。

買い物や食事だと起きていることになり、後々メールが送られてくる恐れがあります。

おわりに

一方的にメールをやめたり、直接的に苦情をいえない場合での対応を中心に考えてみました。少しずつ距離を置くことでメールの頻度を抑えることができるようになるはずです。

本記事は、2011年01月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る