\ フォローしてね /

幼児と節分を楽しむ方法

2月3日は節分。家族で楽しめる日本の伝統的な行事です。是非小さな頃から日本の伝統に触れさせてあげたいですね。

幼児と節分を楽しむ方法の一例をご紹介します!

STEP1 節分の本を読む

まずは、節分とはどういうものなのか、絵本を読みながらお話してあげましょう!

節分に関するおススメ絵本

  • ちいゃんと豆まき  作・絵: しみず みちを 出版社: ほるぷ出版

「節分」の説明はありませんが、鬼が出てきて豆をまいて年の数だけその豆を食べる と言う一連の流れが描かれています。まだ小さい子供に日本の行事を教えるのに良い絵本だと思います。

  • おにはうち 作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:童心社

幼稚園におにの正体を隠して遊びに来たにおくんが、校長先生を助けます。幼稚園ではちょうど豆まきが、におくんは逃げて行きますが校長先生は・・・心温まるストーリーです。

なぜ節分に豆まきをするのか、なぜ鬼なのかにしっかりと触れています。イベントとして豆まきを楽しむだけでなく、その由来を子どもに伝えることまでできる絵本だと思います。

  • まめのかぞえうた  作: 西内 ミナミ 絵: 和歌山 静子 出版社: 鈴木出版

小さい子(1〜2歳)にも良い絵本です。豆の数え歌を通して、豆が成長していく姿を描いたお話で、言葉のリズムも心地良く、可愛らしい絵本です。

STEP2 豆まきをする

「鬼はー外」「福はー内」という定番の豆まきをしましょう。

豆知識:季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために行われるようになったのが豆まきです。

STEP3 幼児に豆を食べさせる?

豆まきと言えば、「年の数だけ豆を食べる」のが習わしです。これは1年の厄除けを願って行うものですが、幼児に豆を食べさせるのはちょっと怖いですね。

雰囲気を味わってもらうという意味で、たまごボーロクッピーラムネなどとけやすいものを変わりにあげてはどうでしょう!!

おわりに

いかがでしょうか?子供たちに日本の伝統を伝えて行くには絵本はとても便利なツールです。いろいろな場面で活用していくと良いですよ。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。