生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 引越しに向けて荷作りする時のポイント

引越しに向けて荷作りする時のポイント

2011年01月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

年が明けて、新年度に向けて引越しを控えている人も多いのではないでしょうか?

家じゅうの物を別の家に移すという行為は、なかなか大変です。引越し屋さんにすべてお任せしてしまうパックもありますが、やはりその分割高。

基本的には自分で準備する人が多いのではないでしょうか?そんな引越し準備をちょっとでも楽にするための、荷作りのポイントをご紹介します。

ポイント1:物を減らす

荷作りと直接関係ないようですが、まずはここからはじめることをお勧めします。

いつか使うかもしれないから・・・とか、何かに使えるかもしれないから・・・ととっておいたあの品、この品。もう何年も袖を通していない流行遅れの服。

引越しはいい機会です。思い切って処分しましょう。

いらない物をわざわざ荷作りして、お金をかけて運んで、また荷ほどきして、新しい家にそのための場所を作るなんて、何重にももったいないことです。

オークションに出したりリサイクルショップに持っていけば、ちょっとは引っ越し代金の足しになるかもしれませんよ。

オークションはやりとりに時間のかかるものです。もしも利用するのなら、引越し時期を考えて早めに利用しましょう。

ポイント2:普段使わないもの、重いものから

いよいよ荷作りをはじめることになったら、まずは普段使わないものを詰め始めましょう。

荷作りしてしまっても引越しまで困ることのない物という基準で選ぶとよいでしょう。

また、荷作りが進むと段ボールを重ねて置いておくことになりますので、軽い荷物の上に重い荷物を置いたら箱が潰れたり不安定になってしまいます。

必ず重いものを優先して箱詰めしていくようにしましょう。

ポイント3:ガムテープを数色用意する

引越し屋さんが新しい家に荷物を搬入する時、どの部屋に置いてもらうかがひと目でわかるととてもスムーズになります。

一般的には段ボールに「寝室」「子供部屋」など記入していくと思いますが、さらにスムーズに作業してもらうためにお勧めなのが、カラーのガムテープを使うことです。

新居の部屋数だけ色数を用意しておいて、部屋別に箱を閉じるテープの色を変えるのです。

引越し屋さんが搬入する際に、とてもわかりやすいので喜ばれますし、時間も短縮できます。100均にもカラーのガムテープがありますので、見てみてくださいね。

おわりに

万全な準備で、スムーズな引越しになりますように。

本記事は、2011年01月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る