生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3. 子どもや外国人に人気の折り紙での着物の作り方

子どもや外国人に人気の折り紙での着物の作り方

2011年01月13日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

初詣、成人式、結婚式、七五三と町で着物を着ている人を見る機会がありますね。外国人にとっては日本での印象の1つとして残ることも多いのではないでしょうか。その着物を自分で折り紙で作ってみましょう。

今回は、折り紙でのいろいろな着物の折り方を紹介します。

準備するもの

  • 好きな色のおり紙(千代紙なら尚よし) 1枚
  • はさみ

できれば、千代紙で作ると着物の雰囲気がよく出ます。両面に色や柄がついていると、帯もきれいに仕上げることができます。

作り方

こちらに動画がありますのでご覧ください。解説が英語ですがとてもゆっくり折っているので、画面を見ていれば、よく分かります。ゆっくりですので、一緒に作ってみてください。

小さいお子さんが作る場合には、はさみで切る部分は親御さんが担当するようにしましょう。

お子さんがゆっくり作っても、5分ぐらいでできると思います。

アレンジ

いろいろな柄の千代紙を選ぶことで、より着物の雰囲気を出すことができます。いくつかの柄で作り、画用紙に一緒に貼ってみると、日本文化を紹介するような作品に仕上がります。

袖の部分を後ろに折り曲げて、色画用紙に貼るか、ラミネート加工をすると、本のしおりのように使うこともできます。

おわりに

とてもかわいいですので、ぜひ作ってみてください。一度外国人に作ってもらったのですが、みんなとても喜んでいました。日本=着物のイメージが強いように思います。

本記事は、2011年01月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る