\ フォローしてね /

面接後のお礼状を出すときの3つのポイント

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

就職活動で一番緊張するのが面接です。そして筆記試験がいくら良くできていても面接次第で採用不採用は決まってしまいます。

しかし近年は面接が終わったあとにも、家でする事が残っています。それは「お礼状」を書くことです。

そこで今回は、「面接後のお礼状を出すときの3つのポイント」についてお伝えします。

お礼状のポイント

必ず手書きで書く

封書でお礼状を出す場合は、必ずボールペンで手書きのものを送りましょう。

手書きで書いたものでもコピーしたものやwordを使って作成したものは、他社にも同じお礼状を送っていると見なされ、印象を悪くしてしまいます。

事務職で応募した場合、丁寧な字だと尚更好印象です。パソコンで書類を作成する機会が増えたとは言え、まだまだ手書きで作成する書類は多く、字が綺麗な人は重宝がられます。

選考期間や業種によっては、「面接のお礼メール」を送る方がスマートな場合もあります。ケースによって使い分けましょう!

貴重な時間を割いて面接してもらったことに感謝の意を述べる

面接官は新入社員の面接をするだけが彼らの業務ではありません。他の業務がたくさんある中で、忙しい時間を割いて面接を行っています。

お礼状の目的は第一に、面接をして頂いたことに対してのお礼を伝えるものです。必ず、「お時間を頂いてありがとうございます。」と文中に入れましょう。

面接後、できるだけ早く投函しましょう。なるべくその日のうちに、速達で送れば印象が悪くなることはありません。
さりげなく2行ぐらいで自己PRをしても良いでしょう。しかしあまり長すぎるとかえって印象が悪くなるので注意しましょう。

オリジナルの文章で書く

面接後、お礼状を出す人は非常に増えています。実際に就職支援のセミナー等に参加すると、「お礼状は必ず出しましょう。」とアドバイスを受けることもあります。

もしあなたがお礼状を出すなら、必ずオリジナルの文章で書きましょう。

「お礼状の書き方一覧集」などを参考にする程度なら良いですが、そっくりそのままの文章で送ってしまうと印象が悪くなります。

面接官はたくさんの人と面接を行い、たくさんのお礼状をもらっています。どこかの例文をそのまま写しても他の人と似たりよったりで全くアピールにはなりません。

おわりに

面接は終わってしまうと後は結果を待つのみではない時代になりました。

「家に帰るまでが遠足」と小学校時代、先生から言われた記憶がある人も多いでしょうが、「お礼状を投函するまでが面接」だと思うぐらいの気持ちが今の時代は必要です。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。