生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. [就職活動]面接が終わった後にやると良いこと

[就職活動]面接が終わった後にやると良いこと

2011年01月13日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

面接が終わったからと解放された気分で、連絡を待っているだけでは、合格にはなかなか近づきません。できることは何でもしておきたいものです。

今回は、面接が終わった後にやると良いことを紹介します。

お礼の手紙・メールを書く

面接の機会を与えてもらった、時間を作ってくれたという感謝の気持ちを伝えるお礼状、もしくは面接のお礼メールを書きましょう。

字がきれいじゃない人は、メールでもいいですが、封書で書けば、手間がかかっているというのが伝わります。

お礼状のメリット

お礼状を書くことでいくつかのメリットがあります。これで他の人に差をつけることも可能です。

一つは面接で言えなかったこと、上手く伝えられなかったことをもう一度説明する機会になることです。面接が終わり、冷静に考え直してみると、失敗したこと、反省点などが思い出されます。その点を補充して説明しましょう。

2つ目は、働きたいという意志を伝えられることです。ほとんどの人は面接が終わると結果を待っているだけですが、自分のやる気を伝えられます。ただし、お礼状なので、アピールのし過ぎには気をつけてください。

3つ目は、2つ目に似ていますが、面接官や採用担当に自分のことを思い出してもらえることです。みんな1列に並んで、これと言って採用の決め手がないときに、再び思い出す機会になるお礼状は効果的です。

内定をもらえるまで、できることは全部やりつくしましょう。

もう一度面接の反省をする

他の会社も受けている場合は、早いうちに面接で聞かれたことを思い出し、反省点をあげ、しっかりとした答えを言えるようにしておきましょう。

今回聞かれたときは、他の会社の面接でも聞かれる可能性があることです。解放感にひたる前に、忘れないうちに、やっておくようにしてください。

おわりに

いかがでしょうか。ちょっとしたことで、他の人と差をつけることができるはずです。小さな注意点で、就職活動を乗り切って、希望の会社に就職できるといいですね。応援しています。

本記事は、2011年01月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る