\ フォローしてね /

社会人が勉強時間を確保する方法

はじめに

学生時代は勉強することで生活することができますが、社会人になると勉強しているだけでは生活することができません。働かなければなりません。

しかし、ただ働いているだけではなく、勉強もしなければならないと考えるようになるのも社会人になってからのほうが多くなります。

そこで、社会人が勉強時間を確保する方法を紹介します。

社会人が勉強時間を確保する方法

 通勤時間に勉強する

社会人になるとなかなか自宅の近くで働くということはできないので、少なからず通勤時間があります。通勤時間を利用することで結構多くの勉強時間を確保することができるようになります。

 退社時間を遅らせて勉強する

定時に変えるのではなく、その定時を1時間から2時間遅らせることで、その時間を残業ではなく、勉強の時間として利用することができるようになります。

その場合は、会社のパソコンや情報などを利用できるので、仕事で必要なことをあらかじめ勉強しておくような場合に便利です。

仕事の延長線上に勉強の目標を持ってくることで、会社の中での地位向上にも役立つでしょう。

仕事の中で勉強する

社会人がもっとも勉強できるのは仕事の中です。実践する中で学ぶのです。

常に決められてたような仕事ではなく、自分が今までやってきたことではないか、さらに上のレベルの仕事を手をあげてやらせてもらうことですごく勉強になります。

わからないことがあれば、上司にアドバイスをもらうことが出来るという点でも、自分で試行錯誤して学ぶより時間は短い中で多くのことを学ぶことができるでしょう。

一番勉強に時間が取れるのは仕事中です。

おわりに

社会人になると仕事が忙しくて勉強する時間がと言う話を聞きますが、学生時代とは違い、決められた時間に決められたことを学ぶのではなく、自分が必要とする意欲の高い課題に対して、自分で決めた時間で勉強することができるので、効率ははるかに高いと思われます。

社会人が勉強時間を確保する方法を紹介しましたが、できるだけ多くの時間を確保して、成長していくことが必要です。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。