生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 禁煙中の人が喫煙者と過ごすときのマナー

禁煙中の人が喫煙者と過ごすときのマナー

2012年08月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近はタバコの値段も高くなったことで、禁煙をするようになる人も増えています。そうして、喫煙している人達の権利はどんどん縮小され、禁煙中の人は、すばらしいことをしているように大手を振っています。

ただ、禁煙中だからと言って喫煙者の権利を侵害するようなことがあってはなりません。

そこで、これくらいは守りたいという禁煙中の人が喫煙者と過ごすときのマナーを紹介します。

禁煙中の人が喫煙者と過ごすときのマナー

喫煙していることを嫌がらない

自分が禁煙しているからと言って、他の人が喫煙してはならないと言うことはありません。

喫煙所を犯罪者でも見るような目で見るような事はせず、しっかりとその権利を尊重することが大事です。

喫煙者の人格まで否定してはいけない。

喫煙時間を与える

喫煙者に取っては、定期的に喫煙する時間は必要です。長時間の会議の後や旅行中の長いフライトの後などは少しの時間でも喫煙する時間を作ってあげましょう。

部下が喫煙者だった場合などは、なかなか言い出せないこともあります。自分が禁煙中であっても、部下のために喫煙時間を作ってあげるような人間的な大きさを持ちたいです。

喫煙者を少しは尊重することも必要です。

無理に禁煙を勧めない

禁煙中の人にありがちなのが、周りの人にも禁煙を勧めると言う行為です。自分もがんばっているのだかという思いや自分が禁煙を続けやすいようにと、無理に勧める場合があります。

喫煙することは個人の自由なので、決まりがないところで喫煙する自由を無理に侵害してはいけません。

無理に禁煙の仲間を増やさない。

おわりに

健康のためにも禁煙したほうが良いというのは事実だと思います。しかし、それは個人の問題であり、自発的に行うものです。禁煙の良さを伝えることはあってもよいと思います。

禁煙中の人が喫煙者と過ごすときのマナーをしっかりと守り、共存しつつ喫煙者が少しづつでも減っていくことが重要です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20110113115208

本記事は、2012年08月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る