生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3. インターネットを使って副業する方法(ウェブライター)

インターネットを使って副業する方法(ウェブライター)

2011年01月13日作成

 views

お気に入り

はじめに

人から雇われるのではなく、自分の才能を使って稼ぎたい。と思う方はたくさんいるはずです。しかし、作家になるにはあまりにも敷居は高く、雑誌などのライターになるには門は狭すぎます。

そこで数々の記事が溢れるインターネットでライターになる事を目指してみましょう。

もちろんHPやブログを持って記事を書いている時点ですでにライターですが、ここでは記事をお金で売る副業についてお話します。

ウェブライターになるには

クライアントを探す

ブログに記事を書いてスカウトをひたすら待っていても、なかなか声はかかりません。

実際に記事を見てスカウトされ、ウェブライターとして活躍しているような人は、もう10年以上も専門的なHPを運営してウェブ界で有名になっているような人だけです。

文章を書くのが得意だと言う人は、世の中に案外溢れているのですよ。仕事は自ら動いて手に入れましょう。

以下のような在宅ワーク募集サイトで時々募集がかかります。自分の条件に合う企業があったら申し込んでみると良いでしょう。

個人契約で仕事を探す場合は、相手の信頼性をよく確かめてから契約して下さい。記事をたくさん書かされたあげく報酬を貰えなかった、などと言う事も起きないとは限りません。

ブログライターサイトに登録する

これは非常に簡単な方法です。ブログを持っている方ならば誰でも参加する事が出来ます。

ブログライターサイトで提示された企業の広告記事を自分のブログに書き、それによって1記事単位の報酬が払われます。書きたくない案件だったら無理に書く必要はなく、ノルマもありません。

ただ、文字数や指定のリンク添付など、サイト側から提示された通りの内容の記事に書く必要があります。報酬は案件によりますが、1記事100円~300円くらいです。

ブログライター登録サイト

メリットとしては、ブログ運営者にとっては自分のブログで報酬が貰えるので記事を書く意欲が増すという事でしょうか。いかに企業の宣伝くさくない文章に仕上げるかが腕の見せ所です。

ウェブ投稿型ライター

ウェブ上で直接記事を投稿するので、ブログを持っていない方でも簡単にライターになることが出来ます。

ライター記事を募集しているサイトに登録し、案件の指示に従って直接記事を書きます。1記事の報酬はブログライターと同じくらいです。書きたいものを書けば良く、ノルマはありません。

投稿型ライターサイト

今、あなたがご覧になっているこの記事もnanapiワークスという投稿型レシピサイトに書かれています。ここは非常に案件数が多く、自社サイトの記事を募集しているので、いつでも自分の記事を読める安心感もあります。

おわりに

いかがでしょうか。ウェブ上に記事を書く副業と言うのは案外安いのです。貴方の記事は一文字1円にもならない事がほとんどです。それでも書くことが好きだと言う方にしかお薦めできません。

経験を積んでいく事で勉強できることもたくさんあります。まずは、いっぱい書く事から始めましょう。

本記事は、2011年01月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る