\ フォローしてね /

お子さんと楽しむ節分の方法

節分の豆まきは、その家の主人か、またはその年の「年男」がまきました。炒った大豆で「豆まきを」し、自分の数だけ食べました。

残った豆は取っておき、夏に雷がなったときに、雷が落ちないようにとまきました。日本の珍百景かも?です。そんな楽しい行事をお子さんと一緒に、思いっきり愉快に楽しめたらいいですね。

どんな方法があるでしょうか?

お子さんを驚かす

焼いたイワシの頭を玄関につるす

焼いたイワシの頭の悪臭で鬼が逃げると考えられていました。食べるだけでなく、本格的に風習にしたがいましょう。

ついでに焼いたイワシの頭をつるす意味も教えてあげましょう。

恵方巻きのまるかじり

家族全員、恵方を向いて黙ってモクモクと食べましょう。まさしく、日本の珍百景!

吹き出したり喋った時のために罰ゲームを用意しておきましょう。

他になにか驚かす事はないか考える

いたずらは、お子さんだけの特権ではありません。ママもやってください。

夕飯を食べたら、今度は豆まきです。

本格的な口上を言いながら豆を撒く

「おんとしとくじん、あきのかたあーー!!!!」 
パラパラパラーーーー(豆の音)

「恵比寿大黒目を開けよおーーー!!!」
パラパラパラーーーー(豆の音)

「福わーーーうちいーーーー!!!!」
パラパラパラーーーーー(豆の音)

「鬼わーーーそとおーーーー!!!」
パラパラパラーーーーー(豆の音)

と、一家のあるじが、大きな声で口上を言いながら撒きましょう。「あきの方」といのはその年の恵方で、その口上を言うときは、恵方の方角を向かって言って、まきます。

昔の頑固おやじがこれらを言いながら撒くのですから、かなり迫力がありました。

2011年の恵方は、南南東です。100均で買った磁石で、お子さんに正確な方角を出させましょう。

口上を言いながら、パパが「真剣」な顔をして豆を撒いたらどうでしょうか?

元来は、家長たる父親がまいたのですから、ぜひパパにまいてもらいましょう。

おわりに

節分が来るたびに思い出す子供の頃の楽しい節分、な~んてなったらいいですね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。