生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 寒くても快適なアウトドアレジャーを楽しむ方法

寒くても快適なアウトドアレジャーを楽しむ方法

2011年01月13日作成

 views

はじめに

冬場や雪山でのキャンプは相当の寒さを覚悟しなければなりませんが、その分冬ならではの楽しみもあります。寒ささえ凌ぐことができれば行ける場所のバリエーションは一気に広がります。

そこで今回は寒くても快適なアウトドアレジャーを満喫するための防寒のコツをご紹介します。

冬のアウトドアでの防寒のコツ

テントは小さめのものを選ぶ

夏用とは違い、冬にアウトドアを行なう場合はかなり小さめのテントがおすすめです。大きいとなかなか暖まらず、快適ではないでしょう。

最初は窮屈に感じるかもしれませんが、寒くなくぐっすり眠れるかどうかで、楽しさや次の日の体調もずいぶん変わってきますのでこだわった方がいいでしょう。

お子さんも一緒に行く場合は特に夜の温かさを保つことが大切になりますのでテント選びの時点でしっかり考えるようにしましょう。

シュラフは温かいものを選ぶ

テントの中にももちろん断熱のできる銀マットなどを敷いて保温しますが、それでもシュラフはできるだけ温かいものにして、シュラフの中は薄着で過ごせるようにしましょう。

暑過ぎて、汗をかいてしまわないように注意しましょう。汗をかくとそれが冷えて体温を奪い、風邪をひいてしまいます。

首をしっかり保温する

身に着けるもので大切なのは首の保温です。首を冷やしてしまわないように気をつけましょう。首を温めていれば全身の体温を保つことができます。

シュラフにそのような機能が付いているものもありますが、なければネックウォーマーなどを使いましょう。またタートルネックを着ていくこともできるでしょう。

今回はモンベルのホームページを参考にして記事を書きました。豊富な種類の防寒具が載せられていますのでご覧になってみてください。

おわりに

夏以上に冬のキャンプは危険が伴いますし、体調も崩しやすくなります。準備し過ぎて損をすることはありません。では、快適な冬のアウトドアライフを楽しんでください。

本記事は、2011年01月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る