生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3. 副業を始める時の注意点

副業を始める時の注意点

2011年01月12日作成

 views

はじめに

未曾有の大不況などと騒がれた去年が終わり、今年の景気はどうなるでしょうか。景気そのものを自分でコントロールすることはできませんが、自分の空いた時間を利用して副業するなら、景気に左右されることなく+αの収入が見込めます。

しかし、本業があって副業を始めるには注意が必要です。そこで今回は副業を始める時にぜひ気をつけたい注意点をご紹介します。

副業を始める際の注意点

本業の就業規則を確認する

以前は副業不可の会社がほとんどでしたが、昨今の経済事情を考慮して副業可能な会社も多くなってきているようです。

副業不可としている会社に勤めながら副業をしていて会社にバレた場合、ペナルティが科せられる場合があります。そうなってしまっては本末転倒なので、事前に大丈夫かどうか就業規則を確認しておきましょう。

もし可能であっても、副業の時間が多くなりすぎて本業に支障が出てはいけません。ある程度時間のコントロールができる仕事を探しましょう。

税金に注意する

年間の収入が現在より20万円増えると申告の義務が生じ、税金を払わなくてはいけません。案外副業で稼げてしまって税金を忘れてしまっていると後で痛い目に遭いますので申告は忘れないようにしましょう。

逆に申告することで、副業の経費を削減して税金の還付をもらえることもありますので、手間を惜しまずきちんと取り組みましょう。

目標をもつ

生活のために副業をするのはあまりおすすめできません。副業分の収入で何がしたいのかを決めておきましょう。旅行でしょうか?欲しい車の購入費用でしょうか?マイホーム購入費用の足しでしょうか?

目標をしっかり定めることで、本業も副業も安定して仕事を続けることができます。逆に目標を見失ったりただ漠然と「収入が増えればいい」と考えていると、行き詰まった時にあきらめる可能性が高くなってしまうでしょう。

おわりに

あくまで本業があっての副業です。ですから本業がおろそかになってはいけません。それを間違えなければ、今まで遊びに使っていた時間や、だらだら過ごしていた時間を有効に活用でき、利益を生む時間に変えることができるでしょう。

本記事は、2011年01月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る