生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. テーブルマナーで恥をかかない条件

テーブルマナーで恥をかかない条件

2011年01月11日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

美味しいものをみんなで囲んでの食事はとても楽しいものですね。

でも楽しんでばかりで「マナー」を知らないと「恥」をかくことになります。

それぞれに応じた「マナー」と一緒にその場、そして食事を楽しみましょう。

洋食のマナー

高級なフレンチなどに行くと緊張してしまいがちですが、幾つかのポイントを押さえていれば大丈夫です。

  • 貸衣装まで借りに行く事はありませんが、エレガントにまとめて行って下さいね。普段と違う気分が味わえて気持ちがいいです。

  • お店に入る時扉があったら、女性は絶対に開けてはいけません。開ける仕事をするのは「メイド」の仕事ですので、その時点で「レディー」扱いされなくなります。

  • 椅子を引いてもらえるので自分で引かない。

  • 椅子に座るときは背もたれに背中をつけないで、自分が持って来たバックが置けるくらい間を空ける。

  • 座りが浅いからと言ってテーブルに肘を付かないようにする。

ワイン選びは男性に

食事が決まったらワイン選びになりますが、この時は男性とお店の人とのやり取りに任せましょう。

もし、男性が「どんなのが好み」と聞いてきたら専門的なことを言わず「少し甘めがいいかしら」くらいにしておきましょう。

テーブルの上には沢山のスプーン・フォーク・ナイフなどが並べられています。一つの料理につき一番端にあるフォークなりナイフを左右一つずつ持ちます。

一つのお皿を食べ終えると、使ったフォークもナイフも一緒に下げられるので、お皿の左端に並べておきましょう。

この時、まだ下げられては困る場合はお皿にフォークとナイフを「ハ」の字に置いていたら大丈夫ですよ。

もしもフォークなどを落としてしまった場合、絶対に自分で拾ってはいけません。これはホスト側の仕事です。

お店のものを使う

女性らしさを出すために「ハンカチ」を膝の上に置いて、汚れた口元をぬぐっておられる方がいますが、口元をぬぐうのも汚れた指先を拭くのも全てお店側のナプキンの役目です。

お店に失礼に当たる

ナプキンを汚してはいけないと、自分のハンカチを使うのはお店側に失礼に当たります。

なぜかというと「ナプキンが汚れていて使う気がしないのかな?」と取られてしまうからです。

回るテーブルで

中華と言えば回るテーブルを囲んで沢山の料理の中から少しずつ味わっていく、とても楽しい食事法ですね。

まず、目上の方が小皿に取り分けたらテーブルを次の料理が来るようにまわしましょう。

この時、ゆっくりまわさないとお皿ごと外へ飛んでいきますので注意ですよ

自分の好きな料理が目の前に来たからといって多く取り分けないよう心がけましょう。

飲み物は出来るだけ目上の方に合わせたいものですが、お酒が飲めないようでしたら、やっぱりウーロン茶ですね。

インドカレーは大胆に

普段食べ物を食べる時は「お箸」や「フォーク」を使う事になれていますが、インドカレーの時は「ナン」を手でちぎってカレーに付けたらそのまま素手で食べてしまいましょう。

文化の違いを時には味わってみると家で食べているカレーとまた、一味違ったものが味わえると思いますよ。

飲み物もインドカレー屋さんにしかないものがありますので、それと一緒に満喫してください。

最後に

食事は「会話」と共に美味しく頂くのが楽しみの一つです。

あまり気を使いすぎて「何を食べたか分からない」とか「疲れちゃった」と言うような事にならないように最低限度のマナーを守って楽しく食事してくださいね。

本記事は、2011年01月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る