生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 保険は通販?代理店?

保険は通販?代理店?

2011年01月11日作成

 views

かつては面談募集であった保険も、今では通販やパソコン上で契約するもの、銀行の窓口など、ユーザーの選ぶ選択肢は増えてきました。その反面、色々な思い違いがあり、保険会社とお客様との間に誤差が生じているのも否めません。

そこで今回は、保険を選ぶ方法をメリット・デメリットもふまえて考えていきましょう。

目次

保険は通販?代理店?

通販、パソコンなどで契約をするのと、昔同様、代理店を経由して契約するのとではどちらが良いのでしょうか。実際には、価格に関してはどこで契約しても、実は変わりはありません。中には、通販専用という商品もありますが、内容が異なります。

つまり、通販でも、代理店でも同じ商品で、同じ保険内容であれば保険料は変わりません。

通販のメリット・デメリット

では、通販のメリット・デメリットはいったいなんなのでしょうか。

通販のメリット

  • 営業マンと接することがないので、資料請求をしやすい。
  • 解約時に必要以上の面談が伴わない。
  • 自分で保障内容を決めることができる。

つまり、人と接するといった部分がないため、決断がしやすいといった所でしょう。

通販のデメリット

  • 入院時など保険請求時は、全て自分と依頼をしなければならない。
  • 書面だけで保障内容を解釈するため、給付の有無などに誤解が生じやす。

途中で確認する人がいないため、自分での解釈となり、かなりの保険知識がないと「給付されない」といったケースを理解できない。

代理店のメリット・デメリット

では、代理店のメリット・デメリットはいったいなんなのでしょうか。

代理店のメリット

  • 給付の時にすべてお任せで良い。
  • 症状などから給付の有無をその場で確認できる。
  • 状況に合わせて、保険の内容をこまめに説明してくれる。

保険のプロから直接保険の話しを聞けるため、保障内容や給付対象の有無を心配することがない。

代理店のデメリット

  • 解約をするときに担当者に連絡しなければならず、連絡しにくい。
  • 資料請求の後、勧誘がしつこくなりそう。
  • お勧めと言って、自分の意見が反映しにくそう。

対面ということで、相手への遠慮や断りにくさなどが反映されるイメージが強くなる傾向にはあります。

結局どちらが良いのか?

どちらがいいという事は決してありません。しかし、両者とも使い分けや、自分の知識レベルがどこに位置しているかによって、選択するべき項目が異なってきます。

保険の知識がないのに通販を選ぶと、思い込みで契約をするケースが多いため、給付時に自分が困ります。しかし逆に、保険営業経験者など保険知識が多い人は、通販でも解釈ができるため問題ありません。

おわりに

通販も代理店も、メリット・デメリットは必ずあります。しかし、実際の給付時というのは、ベッドの上で自分で保険会社に電話をするような状況ではないでしょう。確かに、退院してからでも良いのですが、そうなると二度手間、三度手間となることもあります。

そういった点からも、代理店経由で契約をした方後、加入後のアフターフォローなどを考えても良いのではないでしょうか。通販という選択肢も否定はしませんが、約款やしおりなどをこまめに読み、保険会社に細かく確認できる人でないと、将来的には困難を極めるでしょう。

本記事は、2011年01月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る