生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 女性の一人旅で気をつけたい安全面のポイント

女性の一人旅で気をつけたい安全面のポイント

2011年01月11日作成

 views

お気に入り

はじめに

気分転換や自分へのご褒美として一人旅を計画される女性の方もいらっしゃると思います。綺麗な景色を見たり、地元ならではの美味しい料理を楽しんでリフレッシュできますね。

でも一番心配なのは安全面です。遠出する場合は移動距離が長くなり、長時間密室に閉じ込められているような状態になるので不安に感じるかもしれません。そこでぜひ気をつけたい安全面のポイントを3つご紹介します。

危険を予測して安全面に配慮するコツ

通路側の座席を選ぶ

新幹線や飛行機、バスなど前もって座席の予約ができる交通手段を利用する場合、可能であれば通路側の座席を選べないか窓口などで確認してみましょう。

窓から景色を見て楽しみたいという方はもちろん窓側でも問題ありませんが、少しでも不安を感じる方は念のため通路側の座席を確保するようおすすめします。

新幹線の自由席などその場に行かないと状況が分からない場合もありますが、できるだけ二人掛けシートや出入り口のそばの座席を選ぶこともできます。

「女性専用」を最大限利用する

夜行バスを利用する場合、かなり長時間の移動になります。ただでさえ体力を消耗しますが、精神的な不安を抱えたままでは寝られないだけでなく、ストレスがかかって旅先に着いたころには疲れ果てているかもしれません。

バスの予約をする際に女性専用車があればぜひ利用しましょう。またバス会社によっては隣を確実に女性客にしてくれるサービスがある場合もあるので予約の際に確かめてみてください。

一例としてウィラートラベルでは女性が安心して利用できるサービスが充実していますので、参考になさってください。

貴重品の管理に気をつける

3時間以上乗り換えなしで移動していると途中で眠くなるかもしれません。体力の回復を兼ねてうとうとするのはもちろん大丈夫ですが、その際貴重品の管理にしっかり気を配りましょう。

貴重品を入れるハンドバッグやショルダーバッグは必ずファスナーで完全に口を閉じられるタイプのものを選びましょう。財布や携帯電話などが見えるようなものはNGです。

一人旅の場合、貴重品に関しては用心し過ぎるということはありません。周りの人を疑う必要はないとしても自分の身は自分で守ることをしっかり心がけてください。

おわりに

移動中も安心してリラックスしながら楽しめれば、旅先でも最大限楽しむことができるでしょう。ご紹介したポイントをぜひ前もって気をつけてみてください。

本記事は、2011年01月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る