生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚式当日に花嫁が気をつけるべき4つのポイント

結婚式当日に花嫁が気をつけるべき4つのポイント

2011年01月11日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

結婚式は一生で一番の晴れ舞台、後悔のないように迎えたいものです。

式場の手配やドレス選び、招待客へ出す料理選び、すべてにおいて手抜きなくやってきたのに当日に失敗しては一生悔いが残ります。

そこで結婚式、花嫁が気を付けるべき4つのポイントをお教えします。

1・挨拶

会場へついたら今日お世話になる人達に挨拶をしましょう。

笑顔で挨拶をすることで今日一日盛り上げてくれる方々との空気が和やかになり、過ごしやすくなります。

2・表情

式がはじまったら一番気を付けたいのは笑顔です。

プロのカメラマンが一日撮影しているほかでも式場のゲストも撮影しています。

笑顔の幸せそうな花嫁を撮影できるのはゲストにとっても嬉しいことなのです。

3・ 姿勢

笑顔の次は姿勢です。慣れないドレスと靴を履き疲れるところですが、一生写真に残るもの綺麗な姿勢で写真にのこりたいものです。

式の始まる前にドレス姿で綺麗な姿勢を保つように鏡の前で練習しておくといいでしょう。

美しい姿勢とは?

ウェディングドレスは大体首周りが大きく開いているものが多いです。背中も大きく開いているものも多いですよね。

なのでできるだけ鎖骨と肩甲骨を意識した姿勢が美しく見えます。

肩甲骨はなるだけ後ろにキュッと縮めるような感じで、そうすると胸が開き鎖骨のあるデコルテがキレイに見えます。

顎は少しあげるような感じで、腰は反らさずにおへそあたりに力を入れておくと安定します。

これだけ意識しておけば大丈夫です。できれば式前日からこれらを意識して姿勢を正しておくと当日は自然にできるようになり美しくなります。

4・食事

式の最中、今は食事をとることもあるようですね。

しかしゲストもそのときまでも写真撮影していたりするものです、食事のときまで気を張り詰めるのはさすがに心労です。

だからと言って食べないでおくのは空腹で貧血で倒れたという経験談もあるくらいなので避けたいもの。

式の最中はつまむ程度ですむように食事は式の始まる前にすませておきましょう

おわりに

いくつかの心構え準備に気をつけて良い結婚式にしてください。

本記事は、2011年01月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る