\ フォローしてね /

いつでも楽しめるキャラメルクリームを作る方法

このライフレシピのもくじたたむ

誰もが大好きなキャラメル。

子供のときから食べていてたキャラメル。

みんなを幸せな気分にしてくれるキャラメル。

そんなキャラメルを生クリームとあわせ、いつでも楽しめるようにしたキャラメルクリームを紹介します。

材料

  • グラニュー糖・・・・・200g
  • 水・・・・・100g
  • 生クリーム・・・・・200g

用意するもの

  • 木べら
  • ハケ
  • 水の入ったボール
  • 容器(ジャムなどの空ビン)

作り方

STEP1

鍋にグラニュー糖と水を入れ弱めの中火にかけ、グラニュー糖を煮溶かします。

時々水でぬらしたハケで周りに飛び散ったシロップを落としながら煮詰めていきます。

(周りに飛び散ったシロップをそのままにしておくと焦げてソースに苦味が加わるだけでなく、その分ソースが無駄になってしまいます。)

ぶくぶく泡だって縁が色づきはじめても鍋はさわらない。

絶対に鍋をゆすらない、我慢、我慢

好みのあめ色より1つ手前の色になったら、鍋をゆすり全体が均一になるように煮詰めます。

(かき混ぜると、食べたときに砂糖のザラつきが舌に残るように仕上がってしまいます。鍋をゆするだけ。)

一気に焦げはじめるので目をはなさないで!!

煮詰めすぎると苦くなるので余熱も計算に入れて、濃い色がつくまで煮詰めないこと。

STEP2

好みのキャラメル色になったら火を止め、生クリームを注ぐ。木べらでむらなく混ぜ合わせる。

このときはねるのでやけどをしないように

STEP3

あら熱をとり容器に入れ冷蔵庫で保存する。

容器は鍋で熱湯消毒をすること。

保存期間は冷蔵庫で3週間くらい。

おわりに

材料もシンプルで簡単にできます。

ちょっと甘いものがほしいとき、すぐに冷蔵庫から取り出して使えます。

このキャラメルクリームを作っておけば、朝はバタートーストやフレンチトーストにぴったり。

朝から幸せな時間が待っています。

ブレイクタイムには、キャラメルラテ・キャラメルマキュアートなどとして飲んでも最高ですし、キャラメルミルクでもいいですね。

バニラアイスにかけても、バナナにかけていただいでも最高です。

大好きな人といっしょに、あま~い時間を過ごしてくださいね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。