生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. キムチの臭いを冷蔵庫に漂わせない保存方法

キムチの臭いを冷蔵庫に漂わせない保存方法

2014年02月23日更新

 views

お気に入り

はじめに

キムチ、どんな状態で冷蔵庫に入れていますか?

ニオイのきついものを冷蔵庫に入れておくと、他の食材にニオイがうつってしまいます。キムチもニオイがきつい食べ物ですが、皆様はどのようにして保存しているでしょうか?

今回は、絶対にニオイをうつさせない、基本中の基本の保存方法をご紹介します。

キムチの臭いを冷蔵庫に漂わせない保存方法

1:開封後のキムチ。フタをしてもニオイは漏れます

まず、ビニール袋(ポリ袋)に入れます

2:ビニール袋の口をクルクルします

結ぶと食べるときにほどかないといけないので、結ばなくてもOKです。

容器の下にしまいこむ感じで。

3:ジップロックに入れます

空気をできるだけ出します

4:ジップロックの口をしっかり留めます

5:この状態になったら、冷蔵庫にしまいます

さいごに

当たり前にやっている人は当たり前にやっているんですが、ジップロックを使ったことがないというような人もたぶん世の中にはいるわけです。

キムチのような、臭いのキツイものの保存は、ビニール袋&ジップロックを使いましょう!

ちゃんとしたフタがついている容器に入っているキムチでも、ニオイは漏れてしまうのでこの方法で保存することをオススメします

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20100224213357
  • 20100224213432
  • 20100224213459
  • 20100224213542
  • 20100224213557
  • 20100224213653
  • 20100224213717
  • 20100224213748
  • 20100224213809
  • 20100224213844

本記事は、2014年02月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る