生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 同僚の女性とうまくやっていくコツ

同僚の女性とうまくやっていくコツ

2011年01月11日作成

 views

職場での女性同士の付き合いというのは、男性以上にかなりデリケートで難しいところがあります。

同性ならではの、鈍い男性には気がつきにくい目に見えない摩擦が、どこの職場内でも火花を散らしているはずです。

1日の大半を過ごす職場です。ストレスで病気にならないために、完全には無理でも、職場の同性の仲間達とはなるべく円滑な関係を築きたいですね。具体的なポイントをご紹介しましょう。

目次

ポイント1:人の噂は聞き流す

女性は人の噂が大好きです。しかしどれもあることないこと、尾ヒレをつけて面白おかしく喋っているだけですので、まともに受け止めず、適当に調子を合わせておくにとどめましょう。

中にはあなたに関しての浮いた噂なども流れるかもしれません。不愉快でしょうが、ムキになって否定しようとすると余計に勘繰られるだけです。人の噂も七十五日、放っておくのが一番です。

ポイント2:変な嫉妬も受け流す

女性はどうしても嫉妬深いものです。男性の上司や先輩などを巡って少しでもそんな気配を感じると、すぐに特別な感情を疑いたがるものです。

これもやはり過剰反応は良くありません。職場内の対人関係なのですから、仮に同僚の女性が変な目で見ていても、あなたはいつもと変わらない姿勢を貫きましょう。

もしも男性に対し本当に好意を抱いている場合でも、努めて表には出さないようにしましょう。

ポイント3:「ガス抜き」は社外の信頼できる相手に

女性が笑顔でお茶を出してくれることは、男性にとってだけでなく同じ女性にとっても心地良いものです。職場内の摩擦解消のためにも、ぜひ実践しましょう。

それでも面白くないことが積み重なり、笑顔でばかりいられないことはどうしてもあるでしょう。そんな時友人でも身内でも、愚痴の聞き役になってくれる人を確保しておくといいですね。

同じ職場内では、どこで漏れるかわかりません。人の口に戸は立てられませんから、たとえ信頼できそうな同僚でも、過ぎた愚痴は控えた方が無難かもしれません。

おわりに

それでも職場にはいろいろな人がいますから、笑顔も誠実さも必ずしも功を奏するとは限りません。

しかし女性でも男性でも、どうしてもうまくいかない人に対して無理にご機嫌取りのようなことをしても、いい結果は得られないのです。

それでもあなたの周囲には、理解してくれる人は必ずいるはずです。自分を信じて、社会の荒波を乗り越えていきましょうね。

本記事は、2011年01月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る